梅雨と書いて「ツユ」と読むのか「バイウ」と読むのか?日本元来の言葉か、それとも中国から来た言葉か?日本語って難しい、けど案外身近な所にヒントがあるのかもしれません。

                          Sponsored Link

 6月といえば梅雨の季節。梅雨については、実はまだ科学的にメカニズム等が解明されていない部分が多いようです。やはり自然の力は偉大です。そして何と驚くことなかれ、梅雨についてもなぜ「梅雨」と書いて「ツユ」と言われるようになったのかは、諸説が入り乱れているようです。

 日本の6月の年中行事で、日本人には身近な梅雨。だけど意外に知られていない、「梅雨」の語源について調べてみました。

梅雨と書いて「ツユ」と読む語源は主に3つ

 日本語としての「ツユ」は太陰暦5月頃にふる長雨「五月雨」のことで(まさに現代で言う梅雨です)、それを「ツユ」と呼ぶようになったのは江戸時代からと言われています。その「ツユ」の語源については主に下記の3つの説があります。

1.雨粒や水滴を表す「露(ツユ)」から変化した
2.カビで食物が「費ゆ(ツイユ)」季節であることから生まれた
3.梅などの実が熟すことを、古い言葉で「つはる」といい、この「つはる」が元となって中国から入ってきた梅雨という漢字を「ツユ」と読むようになった。

 どれもそれっぽい説で、甲乙つけがたしですね。だからこそコレ、という説が無いのではないかと。

梅雨を「バイウ」と呼ぶのは中国から由来

 梅雨と書いて、「ツユ」とも読みますし「バイウ」とも読みますね。梅雨前線は、バイウゼンセンです。

 そしてこの「バイウ」という呼び方は中国から入って来たもの。中国は長江の流域で、梅の熟す時期に雨季があり、それを現地では梅雨「メイユ」と呼んでいます。そしてそれが日本に入って来たとき「バイウ」と言われたようです。
 さすがは梅の国、中国と言った所でしょうか。いずれにしても梅の季節の雨、という漢字の ままの意味とは言えますが、それでも説は2つあります。

1.古くは「梅」と同音のカビを指す字があてられていた
2.梅が熟して黄色くなる時期の雨という意味の「黄梅雨」を「梅雨」とするようになった

 中国の歴史の本を読んでいると、梅が出てくるシーンがタマにありますね。三国志で曹操が、喉が渇いた兵士に向かって、もう少し行くと梅がなっているぞ!と伝えて、兵士の士気を上げたというシーン、三国志ファンの方なら、覚えている方も多いのでは。だから、個人的には2かなぁ、と思いますが、さてどんなもんでしょうか。 

Sponsored Link

「ツユ」=青い梅がなる頃は雨が多い=梅雨と素直に考えてみる

 その昔、管理人の田舎の実家には梅の木が植えてありました。梅雨の季節になると梅が沢山なっていた記憶があります。子供心に、梅雨の季節になると、実家の梅の木に青い梅がなるんだなぁ、と思ってました。
 そんな訳で、6月の長い雨は、梅の季節の雨、と言う事で、元々あった「ツユ」という言葉に「梅雨」という漢字を当てた、という説はどんなもんでしょ。とんだ珍説かもしれませんが、子供心には6月の雨の中で家に帰ると、青い梅がなっていたのを何となしに今も覚えています。

 日本語の面白さと難しさ、こんな所にもあるんですね。

15.6.15梅-min
まさに梅の季節の雨と言えます

 梅の季節、梅干しを作る際、雨で梅が乾かない、と当時梅干しをつけていた母親が嘆いていたのも、なんだか思い出しました。
 時代が流れて、季節感は薄れてしまっていますが、6月の長い雨は梅の季節、というのは昔の日本人にとっては常識だったのかもしれません。常識って、常識であるが故に、なかなか記録に残らないので。

 タマには風流的な豆知識でした。

梅雨の豆知識、各地の梅雨入りと梅雨明け・梅雨の平均期間を調べてみました!
「全国の梅雨入りと梅雨明けの時期、各地の梅雨の平均期間」

Sponsored Link



[:]