イモトアヤコさんのエベレスト登山が中止となりました。中止の決定前に、エベレストで雪崩が発生しましたが、雪崩を受けて地元シェルパが今シーズンの登山中止を決定しています。

 シェルパがいないと登れないエベレスト、イモトアヤコさんのエベレスト登山も必然的に中止になってしまいました。

イモトアヤコさんのパーティはエベレストチャレンジを断念

 イモトアヤコさんがエベレスト登山にチャレンジしていた際、エベレストで雪崩が発生して、地元のシェルパ13人が死亡し、3人が行方不明という大事故が発生しています。この大事故を受けて、地元シェルパが今シーズンのエベレスト登山の中止を決定。

「エベレストの地元ガイド、今シーズンの登山中止を決定」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000046-jij_afp-int

 エベレスト登山に挑戦中だった、イモトアヤコさん達のパーティ。雪崩による被害は無かったようですが、地元シェルパの登山中止決定により、そのシーズンのエベレスト登頂は中止にせざるを得なくなりました。

 エベレストは、登るのに非常に大掛かりな装備や準備が必要な山です。その準備のためには、シェルパの協力が必要不可欠。記事にもありますが、1953年にニュージーランドの登山家、エドモンド・ヒラリー卿がエベレストに初登頂した時も、シェルパのテンジン・ノルゲイ氏とともに登っており、この事実をもってしても、いかにエベレスト登山にシェルパが必要不可欠か、ということが分かるかと。
 また記事によると、昨年シェルパと登山隊で乱闘騒ぎがあったようで、実は雪崩以前から、シェルパと登山隊の間の関係、あまりよくなかった可能性もあります。

 山に長期間滞在すると、人間切れやすくなります。カルシウム不足が原因、と嘘か真か言われていますか、普段温厚な方でも、山に長期間いると、切れやすくなります。コレは本当で管理人も何度か経験済みです。

 だから長期かつ厳しい登山、ホント人間性もさることながら、栄養管理・健康管理が大切となります。

                          Sponsored Link

エベレスト登山はシェルパの助けが必要不可欠

 イモトアヤコさんのこれまでの数々の登山、それはそれでスゴイ実績ではありますが、一方でテレビ局が企画した準備万端の登山という側面もあり、通常の登山家のストイックな登山とは、少々色合いが違う面もあります。
 だから尚更、準備や装備運搬にシェルパの助けが必要になる登山になりますが、そのシェルパが今シーズンの登山の中止を決定となると、その影響を一番受けるのは、イモトアヤコさん達のパーティ。

 いくらテレビ局が企画した登山とはいえ、エベレストはエベレスト。なめると大怪我するのは言うまでもないですね。またイモトアヤコさんのパーティには、登山経験豊富な方々が帯同しており、シェルパの協力無しではエベレスト登頂は無理、と判断されるのだろうと思います。

 管理人も、「世界の果てまでイッテQ!」のイモトアヤコさんの登山企画、結構楽しみにしているので、エベレスト登頂も楽しみにしていましたが、エベレスト登頂断念というのは、事情が事情なのでやむをえないかと。
 計画通りに進まない、というのも登山ですね。テレビ的にはそれでは困ってしまいそうですが、人の命には代えられません。

 イモトアヤコさんの登山企画、エベレスト断念の後も続いていますが、いずれまたエベレスト登頂にチャレンジしていただきたいものですね。

Sponsored Link