登山の後に足の疲れはつきもの。筋肉痛とともにドヨーンとした足の疲れは、登山と切っても切れない関係です。そんな登山の足の疲れには、足つぼマッサージが効きます。

登山の後、足裏マッサージをユックリしておけば、翌日の足のドヨーンとした疲れが随分と軽くなります。管理人が、日頃から足裏マッサージをするようになる切っ掛けとなった登山後の足裏マッサージを、一度お試しあれ。

Sponsored Link

登山の後の体のケアは大切

近年、プロ野球の選手(特に投手)が試合の後で肩や肘にアイシングをしている姿を良く見るようになりました。プロ野球選手に及びはしませんが、それでも登山はハードなスポーツ。だから登山の後の体のケアは結構大切。

イヤ別に特別なことはしなくていいんです、普通にストレッチをすればいいと思います。小学校や中学校の時の体育の時間、最後に締めの体操したかと思いますが、あれと同じです。

下山したらすぐビール!、という気持ちはよーく分かりますが、ビールに走るその前に、アキレス腱そ伸ばしたり等、一通りストレッチはやっておきましょー。登山で体を壊さない為にも、そして次の登山のためにも。

15.10.20下山後のビール-min
下山後のビールの前に体のケアを!

登山の後にドヨーンとした足の疲れはつきもの

日帰りの短い登山だとそれ程感じないこともありますが、少し長めの登山以上だと、登山の後に筋肉痛とは違うドヨーンとした足の疲れを感じることが多々あります。それは要は、足が疲れた、という状態。

登山の後、1晩寝ると足は筋肉痛になって、更にドヨーンとした疲れも残って・・・、というのはある意味、登山の翌日の儀式みたいなもの。日曜に登山すると、翌日から仕事。まぁ2~3日もすれば筋肉痛や足の疲れは回復しますが、できれば疲れは翌日以降に残したくないもんです。

そんな足の疲れ対策の隠し技、それが足裏マッサージです。

Sponsored Link

登山後の足裏マッサージ、足裏マッサージ棒で10~15分やってみた

以前、北アルプスを縦走した時、何気に買ったペットボトルのオマケに付いていた、足裏マッサージ棒を持って行きました。
縦走の場合、翌日に足のドヨーンとした疲れは、半端でないのと下山するまで続くのは恒例行事。けどこれは、もう1日数時間以上連日歩くのだから仕方なし。

そして確か槍岳山荘だったと思いますが、双六小屋から出発して早目に槍ヶ岳も登ってすることなく槍岳山荘の休憩スペースでボーッしていました。その時、そー言えば、と思い持ってきていた足裏マッサージ棒で足裏をグリグリとやってみたんです。

することないので10~15分くらい部屋の「山と渓谷」パラパラめくりながらやってました。ちなみに、横にいたカップルがイチャイチャしていたのが、印象に残ってます、全く関係ありませんが・・・。

15.10.20足裏のツボ-min
コレが効くんです

翌日の足の疲れの無さに驚いた

足裏マッサージをやった当日は殆ど何も感じず。まぁ多少足が楽になったかなぁ、というのはありましたが。

そして翌日、まず起床して驚きました。足の疲れがいつもに比べて殆ど無い!もう原因は足裏マッサージしか考えられませんでした。前日は、双六→槍ヶ岳まで移動してますので。イヤもう、全く効果は期待しておらず、暇つぶし程度に考えていた足裏マッサージ、その効果に驚きでした。

これを機会に管理にはその時の縦走の最中、そして登山の後はほぼ足裏マッサージをするようになりました。もう完全にクセになりました。更に日頃も、風呂上りテレビ見ながら足裏マッサージ棒でグリグリとしている時もあります。

それまでも普通のマッサージより足裏マッサージのほうが好きだったのですが、北アルプスの縦走を機会に、完全に足裏マッサージの虜となってしまいました。

Sponsored Link

登山後の足裏マッサージのやり方

足裏マッサージ、指でするのもありですが、やはり足裏マッサージ棒を使った方が楽です。100円ショップで普通にありますので、それで十分。

登山の後の足裏マッサージのやりかた、これはこれで専門家の方に開発していただきたい所ですが、管理人は土踏まずの辺り棒でグリグリする、というもの、あとはお好みで、疲れている所=痛い所をグリグリする(太もも含む)、それだけ、

若干ジャンルは違いますが、土踏まず中心の足裏マッサージの動画を発見。管理人は足裏マッサージ棒を使って、こんな感じでやっています。


足裏マッサージ棒を使うと楽にできます

登山後の足裏マッサージのまとめ

登山後の体のケアって案外大切で、ケアするかどうかで翌日の疲れの度合いが違ってきます。体の堅い管理人、ストレッチをなるべくしっかりするようにしていますが、ストレッチって正直効果があるかどうか、スグには分かりません。その点、足裏マッサージは自身で試して効果を実感しています。

元々普通のマッサージより足裏マッサージのほうが好きでしたが、北アルプスの一件で、管理人は更に足裏マッサージが好きになりました。ホント、家に足裏マサージマシンが欲しいくらい。

日帰り登山でも日曜に行くと翌日仕事、となります。そんな時、帰宅して風呂に入った後で10分程足裏をグリグリとしてみませんか?翌日にありがちな、ドヨーンとした足の疲れが軽くなりますよ。

正直、足裏マッサージが苦手、という方はなかなか抵抗があると思いますが、そうでなければ一度登山の後の足裏マッサージお試しあれ。足裏マッサージの奥深い世界にハマる切っ掛けになるかもしれませんよ。

登山中の体のケアならアミノ酸

足裏マッサージは登山後の体のケアですが、ハードな登山の場合は、登山中の体のケアも大切です。管理人はハードな登山の時は、アミノ酸を利用しています。登山後の疲れ具合が緩和されます。土日の登山で翌日に疲れを残したくない時には、登山の前にアミノ酸を摂って+登山後に足裏マッサージをしておくと、疲れが残りにくいですよ。管理人は「アミノバイタルプロ」を利用しています。

またダイエット登山目的なら「VAAMダイエットパウダー」がオススメ、こちらはジョギングの際に愛用しています。

関連記事:VAAM(ヴァーム)ダイエットパウダー+ジョギングの効果、モチベーションアップに最適

足裏マッサージの関連記事
強力な足裏マッサージ機、アルインコ「フットインマッサージャーデュアルラボ」

Sponsored Link