カロリーメイトの栄養について調べてみました。バランス栄養食と宣伝されていますが本当?実は豊富な栄養素を含むカロリーメイト、その役割は宣伝の通り、バランス栄養食、という立ち位置がベストのようです。

 管理人は、もう何度も何度も食べ飽きるくらいに食べてきたカロリーメイト。本当にかつてお世話になりました。そんなかつての経験を元に書いた、カロリーメイトの記事が下記。

「カロリーメイトはダイエット用?それとも太る?経験から言えること」
http://okiraku-news.net/2014/10/31/karome/

 10月に書いた記事ですが、有難いことに息長く多くの方に読まれている記事となっているようです。
 で、かつてのカロリーメイトの記事を読んでいてフト思った、カロリーメイトのカロリーの話は分かった、じゃぁ栄養的にはどうなのよ?

 そーか栄養について殆ど前の記事は触れていません。もうこれは調べるしかない!ということで、カロリーメイトシリーズ第2弾。カロリーメイトの栄養について、調べてみました!

14.10.31カロリーメイト
カロリーメイトシリーズ、第2弾です!

                          Sponsored Link

カロリーメイト1袋(2本)の栄養素

 カロリーメイトを1箱を1食として食べると日常生活ではカロリー高いんじゃないか、と前回書いているので、今回の検証は、カロリーメイト1袋(2本)で行うことにしました。
 選んだカロリーメイトは、管理人も一番好きで、尚且つ一番好まれている、「カロリーメイト チョコレート味」。カロリーメイトと言うと、プレーンのイメージが大きいと思われますが、実は一番人気あるのチョコレート味だったりします。

 そんな「カロリーメイト チョコレート味」の1袋(2本)あたりの栄養価は下記の通り。

「カロリーメイト チョコレート味 2本(40g)の栄養成分」
・エネルギー:200kcal
・タンパク質:4.3g
・脂質:11.2g  
・糖類:20g
・食物繊維:1g
・ナトリウム:160mg → 食塩相当量:0.4g  
・カリウム:85mg
・カルシウム:100mg
・鉄:1.25mg
・マグネシウム:25mg  
・リン:45mg
・ビタミンA:112.5μg
・ビタミンB1:0.25mg
・ビタミンB2:0.3mg
・ビタミンB6:0.25mg
・ビタミンB12:0.5μg
・ナイアシン:2.75mg
・パントテン酸:1.4mg
・葉酸:50μg
・ビタミンC:20mg
・ビタミンD:1.25μg
・ビタミンE:2mg

 お菓子と比べると考えられない位、豊富な栄養成分が入っています。さすがバランス栄養食、と宣伝しているのは伊達ではありません。ただね、じゃぁこれって本当に必要な量を満たしているか?と言われれば、箱に書いてある数字並べるだけじゃ分かりません。

Sponsored Link

1日に必要な栄養摂取量と比較してみた

 カロリーメイト1袋(2本)の栄養価が、成人男性が1日に必要とする栄養摂取量をどの程度カバーできているのか?このお話、カロリーメイトで1日に必要な栄養摂取量がカバーできる、ということになれば、極端な話、3食カロリーメイトを食べれば健康に生きていける(カロリーは別問題としても)、という結論になります。

 調べた結果は下記。左数字が必要量-右数字がカロリーメイト1袋(2本)、()が1日の必要量から見た%です。

・エネルギー:2,650kcal - 200kcal(7.5%)
・タンパク質:60g    - 4.3g  (7.2%)
・脂質   :62.5g   - 11.2g (17.9%)
・糖類   :100g    -20g (20.0%)
・食物繊維 :19g    - 1g (5.3%)
・ナトリウム(食塩相当量):9g未満-0.4g
・カリウム :2,500mg  -85mg (3.4%)
・カルシウム:800mg   -100mg (12.5%)
・鉄    :7.0~7.5mg -1.25mg (16.7~17.9%)
・マグネシウム:340~370mg-25mg (6.8~7.4%)  
・リン   :1,000mg   -45mg (4.5%)
・ビタミンA :850μg    -112.5μg (13.2%)
・ビタミンB1:1.4mg    -0.25mg (17.9%)
・ビタミンB2:1.6mg    -0.3mg (18.8%)
・ビタミンB6:1.4mg     -0.25mg (17.9%)
・ビタミンB12:2.4μg   -0.5μg (20.8%)
・ナイアシン:15mg    -2.75mg (18.3%)
・パントテン酸:5mg    -1.4mg (28.0%)
・葉酸    :240μg    -50μg (20.8%)
・ビタミンC  :100mg    -20mg (20.0%)
・ビタミンD  :5.5μg    -1.25μg (22.7%)
・ビタミンE  :7.0mg    -2mg (28.6%)

※下記サイトを参考に数字をピックアップ
・グリコ、栄養成分ナビゲーター
http://www.glico.co.jp/navi/e07-3.htm
・とっぽさんの、栄養ブログ
http://www.nutritionist-blog.com/2014/05/blog-post_24.html
・糖質.jp
http://toushitsu.jp/knowledge/advice/advice02.html#0

 ()の%部分を見ると分かりますが、確かに万遍なく栄養素が入っているカロリーメイトではありますが、1日の必要量から見ると殆ど足りていません。
 仮に1袋×6という、要は1食をカロリーメイト1箱、それを3食にすれば、ビタミンA以下のビタミン類は1日の必要量は補えますが、それでもタンパク質・食物繊維・カリウム・リンは足りない、という結果に。

 少なくとも上記数字からは、3食を全食カロリーメイトにしても1日の必要とされる栄養摂取量を満たすことができないので、ダイエット等の事情はあっても、3食全部をカロリーメイトにすることはオススメできない、とは言えそうです。

15.2.5食事
豊富な栄養素を含むカロリーメイトですが、種類豊富な食事には敵いません

Sponsored Link

多少小腹が減る程度なら

 小腹が減ったからカロリーメイト食べてみるか、という方もおられるかと。けど上記のように小腹が減った程度でカロリーメイトを食べるのは、カロリーの観点からは若干カロリーオーバー。

 そんな時には、ダイエットの定番とも言える「豆乳クッキー」がオススメ。

 「豆乳クッキー」はダイエット食品として有名ですが、小腹がすいて何か食べたいけどカロリーは控えたいという時にピッタリです。

カロリーメイトは栄養補助食品として考えれば優れている

 3食全部をカロリーメイトに置き換える、というような極端なことをしなければ、豊富な栄養素を含んでいるカロリーメイト、十分にお役に立てます。あと、カロリーに気を付けること。

 そう考えると、やはりカロリーが適度に合って+栄養素がバランスよく入っているので、非常食としてカロリーメイトは秀逸と言えます。そしてカロリーを考えながら食べれば、豊富な栄養素を含んでいるカロリーメイトは栄養補助食品として優れているのではないかと。

 カロリーメイト、ダイエットや朝食・おやつといった特定の食べ方に絞ると、カロリー高い、とか、必要な栄養素は満たされません、という結果になりますが、日常の食生活を送った上で、栄養補助食品として食べるのであれば、上記数字から見ても、バランス栄養食としての役割を充分に果たすことができそうです。

 極端な方向に走りすぎるのはよくない、というありがちな結論ではありますが、カロリーメイト、改めて調べてみると思った以上に栄養は豊富でした。食物繊維は少なそうだなぁ、と思っていましたが、これまた、やはり、という結論。

14.12.10風呂上り
健康のためには、極端な方向に走るのではなくバランスのとれた食生活が必要

 カロリーメイト、非常に手軽に取れるバランス栄養食ですが、日常的には(非常時とか山等のハードな運動の時以外)あくまでも補助的な食品、としてとらえた方がよさそうです。日常の食事で足りない栄養素を補うことができる=栄養素をバランスさせる=バランス栄養食。まさに名前の通りの食べ物です。

 奥の深いカロリーメイトの世界、栄養素を調べてその奥深さを再認識。カロリーメイトシリーズ、また機会とテーマがあれば調べて書いてみます。以上、カロリーメイトシリーズ第2弾、「カロリーメイトの栄養について」でした。

Sponsored Link