神戸の新開地「やき鳥 鳥八」に忘年会を兼ねて訪問。昭和風居酒屋の雰囲気の店で頂くのは、塩の焼き鳥。中でもかわと肝は絶品でした。

店構えからは若干入るのに勇気が必要な店ですが、勇気を振り絞って暖簾をくぐった先には、新しい塩の焼き鳥の世界に出会えるかもしれませんよ。

Sponsored Link

昭和の居酒屋の雰囲気、新開地「やき鳥 鳥八」

以前、新開地に行った際に、古風な焼き鳥屋があるなー、というのは何となく印象に残ってました。その後、meetsで新開地に塩の旨い焼き鳥屋がある、との記事を何度か見かけて、いずれ行かねば、と思ってました。

今回、2017年の忘年会を兼ねて、その焼き鳥店新開地「やき鳥 鳥八」を訪問。

以前のmeets片手に店を見つけて驚きました、前に見ていた古風な焼き鳥屋じゃありませんか。そうかここかー。

けどこの店、雑誌等で紹介されてないと常連さん以外は入れなさそ・・・。Meetsに感謝しながら、それでも若干の勇気がいるな、と思いつつのれんをくぐったのでありました。


若干入りがたい雰囲気の神戸新開地「やき鳥 鳥八」

カウンターのみのドラマに出てくる昭和風居酒屋的店内

今回は一人で訪問。のれんをくぐると、いらっしゃいませー、と若い店長とおばちゃんから声を掛けられます。

店内はカウンターのみ。店の外観と同様、いやそれ以上に昭和風の居酒屋の雰囲気。ドラマで昭和風の居酒屋の風景が出てくるシーンがありますが、まんまテレビに出てきそうなお店です。こーいう店、最近殆ど出入りしてないのでトッテモ新鮮です。

あとカウンターの一番奥にはテレビが置いてあって、一人で行っても大丈夫なようになってます。一人飲みの際、テレビのある店って案外助かります。テレビがないと、ひたすらスマホを見ながら飲み続けることになることもあるので。

そして席に付き、まずはビールを注文。

肝が旨い!

生ビールをグビグビしつつ、適当に焼き鳥を注文。

最初に出てきたのが肝。ではさっそくいただきまーす。

うーむ、うまい!肝って完全に肉の質に左右されますが、この肝は生でもいけるのでは?、と思わせる肉質。火加減及び塩加減も絶妙で、更に旨味が増しています。正直肝だけでも来た甲斐がありました。


絶妙な塩と焼き加減の肝

そーいや、生の肝を食べて銀座の店で感動したことあるなー、と思いつつ、焼いた肝はこの新開地「やき鳥 鳥八」が今までで一番じゃないかな、と思ったり。忘年会で新開地「やき鳥 鳥八」を選んだの、まずは大成功と言えます。

Sponsored Link

かわが絶品、身もついていて食べ応え充分

実は管理人、鳥の皮って焼き鳥の中ではそんなに好きじゃありません。唐揚げの皮は大好きですが、皮だけ取って焼き鳥って確かにジューシーですが、身とセットでジューシーさも生きるんじゃないだろうか、と思ってます。

新開地「やき鳥 鳥八」でもかわのメニューを発見していましたが、第一弾の注文はスルー。で肝うめー、とか思いつつ焼き鳥を堪能しつつ、焼き場を見ると、肉厚の串が焼かれているのを発見。カウター越しにオバチャンに、今焼いてるの何?、と聞いてみると、かわですよー、当店イチオシ、との答えが。もうこれは頼むしかあるまい、と言うことで、第二弾はかわを注文。

そしてやってきたのが“かわ”。皮と言っても、バッチリ身も付いています。こんな焼き鳥の皮は初体験、これって普通の焼き鳥の正肉じゃないか、と思ったり。

そして早速熱々の内にいただきまーす。

このかわがうまいのなんの、何で第一弾で頼まなかったんだろ。かわ、と言っても見た目マンマで皮+身のセットです。通常の皮だと、皮オンリーなんですが新開地「やき鳥 鳥八」のかわは、程よく身もついており皮とのバランスが絶妙。皮だけだと、脂っぽくてダメな方でも平気と思われます。実際管理人、皮ばっかりだと脂っこいな、と思ってしまいますが、全くそんなこと思わず。

抜群の塩加減で、ザ焼き鳥、とも言うべき味を堪能できます。もうこの時点で生ビール1杯+中瓶2本ですが、ビールが止まりません。

かわの旨さに、ビールが進む進む。そしてかわを食べ終わった後、追加でもう1皿注文。追加分もペロリと美味しくいただきました。


一人で六本平らげたかわ、絶品でした

まとめ

2017年から「焼き鳥」のカテゴリーを設けて、焼き鳥の食べ歩き記事を書いていますが、2017年最後の訪問となった新開地「やき鳥 鳥八」は2017年の最後を飾るにふさわしい店となりました。

かわうまかったー、ホント。けど肝も忘れちゃいけないな。

正直、店の存在や内容を知ってないと、新開地と言う場所も相まって、その店構えから、正直入るのに結構な勇気が必要とされる店ですが、極めて普通の焼き鳥屋です。勇気を振り絞って入れば、そこには極上の塩の焼き鳥ワードルが待っています。

新開地で焼き鳥と言えば「八重亭」が有名ですが、あちらはタレがメイン。塩の焼き鳥を楽しみたいなら、新開地「やき鳥 鳥八」に足を運んでみてはいかがでしょ?

特にかわと肝がオススメ。塩の焼き鳥の新しい一面を発見できるかもしれませんよ。

神戸の焼き鳥関連記事
焼き鳥の種類を部位別に紹介してみよう

神戸三宮・炭火焼鳥酒場「だんご」が旨すぎて飲み過ぎた件

神戸(三宮)のおいしい焼き鳥「裕泉」(ゆうせん)、日曜は100円で堪能できたの巻

「ひとりで歩く神戸本」掲載、「やき鳥のんちゃん本館」は唐揚げが絶品だった

Sponsored Link