「秋吉」と言えば焼き鳥の有名店。そして「秋吉」の焼き鳥と言えば、何をおいても純けい!これが最高にうまい。ビール片手に独特の食感を持つ純けいを食せば、そこはもう極楽の焼き鳥ワールドに。

 「秋吉 心斎橋南店」で久しぶりに食した秋吉の純けい、「秋吉」の焼き鳥ワールドを堪能することが出来ました。今回は「秋吉 心斎橋南店」をご紹介。

Sponsored Link

なぜかいつも満員の「秋吉 梅田店」、「秋吉 心斎橋南店」に赴く

 何度か「秋吉」に思いついたように行きたいことがあったのですが、そんな時に限って「秋吉 梅田店」は満員御礼。「秋吉」って人気あるのね・・・。けど正直並んでまで食べる気にはなれず、まぁそのうち機会もあるさ、と思っていたら結構な月日が流れてしまっていました。

 けど折角当サイトで焼き鳥のカテゴリー作ったしなぁ、と言うことでネットで調べると難波方面にも店があることを発見。難波店は南海難波駅近くなのであまり近くに行く機会もないですが、心斎橋南店は心斎橋方面に出る機会がタマにあるから、その時にでも行ってみよう、と思っていたのでした。

 そして遂に、難波で晩御飯食べる機会が発生。心斎橋商店街を難波方面から北上し、「秋吉 心斎橋南店」を覗いてみることに。

 ガラス越しに見える店内は確かに込んでいますが、入店待ちの行列ができている訳でもないので、そのままは入れそう。それでは行ってみますか、「秋吉 心斎橋南店」に。

「秋吉 心斎橋南店」の場所とアクセス

 「秋吉 心斎橋南店」は道頓堀の南側にあります。難波方面から御堂筋を北上すると道頓堀の手前に立ち食いの「金龍ラーメン」がありますが、「金龍ラーメン」を右折して、心斎橋商店街に入る少し手前の右手のビルの1Fに「秋吉 心斎橋南店」はあります。看板出ているので、付近に行くとすぐ分かります。

 ちなみに店の様子はガラスの扉越しに伺うことが出来るので、待つ必要があるかどうかは一目瞭然です。


「秋吉 心斎橋南店」の地図
住所:大阪府 大阪市中央区 難波 1-7-18 心斎橋ヨーロピアンビル1F

「秋吉」と言えば純けい!

 「秋吉」と言えば何と言っても純けい。「秋吉」の普通の焼き鳥ですが、コレがうまい。固めの肉質から、うまい肉汁がジワーッと口に広がる感覚が何とも言えません。肉汁と肉の堅さが絶妙にマッチしており、また強火で焼いたコゲた感じもまた食欲をそそります。普通の焼き鳥とは若干ことなる性格の焼き鳥ですが、1回食べてしばらくすると、また食べたくなるという、病みつきになるうまさを持っています。

 そんな訳で今回、1人で行った管理人、ひたすら純けいを食べてました。とは言っても、サクッと切り上げましたので、純けい1セット(5本)×2回で合計10本。いやぁ、うまかったです。

 純けい10本を独り占めできるなんて極楽極楽。誰かと飲みに行くのが普通ですが、「秋吉」の純けいを独り占めできるんですから、1人飲みも決して悪くはありません。ちなみに周りを見回したら、1人飲みしているお客さん、管理人含めて3名いました。

 チェーン店系の居酒屋にも焼き鳥はありますが、「秋吉」は焼き鳥専門のチェーン店。焼きの職人さんが炎と格闘しながら焼き鳥を焼いています。全然見ていてあきません、ホント。焼き鳥屋って、一人で行くと焼き場見ていると案外あきませんが、秋吉も同じですね。


「秋吉」の純けい、コレがウマイんだな

キムチや漬物もうまい

 「秋吉」で焼き鳥以外にオススメなのがキムチもしくは漬物。今回、辛いものが食べたかったのでキムチを頼みましたが、漬物もよいです。両者ともに日本風のあっさりした味付けで、漬物という感じが染み出ている味です。管理人は「秋吉」に行くとほぼ、キムチか漬物かどちらかを頼んで、メインメニューで出てくるのを待っています。

 キムチは鶴橋始め、「秋吉」以上にうまい店が大阪には沢山ありますが、秋吉の漬物以上の漬物は、居酒屋系の店ではなかなかお目にかかれないので、一度お試しあれ、旅館の漬物のような味で、意外な旨さにオッと思いますよ。


キムチもウマイ!

Sponsored Link

秋吉のメニュー

 折角の機会なのでメニューも写真に取っておきました。けど今回、サクッと切り上げるつもりだったので食べたのは純けいとキムチのみ。


串焼きのメニュー


揚げ物のメニュー


一品物のメニュー

 けど何度も「秋吉」は行ってますが、純けいとキムチor漬物だけでビール何杯も飲めるんだな、これが。純けいの歯ごたえのある肉とじわっと染み出る肉汁、思い出すだけでもよだれがでます、ホント。

秋吉難波店ならでは、外国人観光客の姿もチラホラ

 最近の難波の街は外国人観光客で溢れかえっていますが、秋吉にも外国人観光客のお姿がチラホラ。白人さん、一人で純けい食べてた。バイトのオニーさん、どうにか身振り手振りを交えて注文着ていたのが印象的。

 居酒屋に外国人って以前では考えられない光景ですが、時代は変わるもんですね。けどアルバイトにも大変な時代ですね。けど外国人に焼き鳥は以外に人気だそうなので、安くてうまい「秋吉」は外国人観光客には知る人ぞ知るお店なのかもしれません。

まとめ

 久しぶりに行った「秋吉」でしたが、純けいの旨さは相変わらずでした。実は今回、敢えてビンビールで攻めてみましたが、ビンビールと純けいの組み合わせ、トッテもいいです。生ビールのようにグビグビしながら純けいを食するのもいいですが、瓶からコップに注いだビールをチビチビやりながら食べる純けいもうまかった。

 なかなか梅田では店に入れませんでしたが、久しぶりの「秋吉」、心斎橋で堪能して帰ってきました。また純けい食べに行きますかね。そして次回は漬物だな。久しぶりの「秋吉」の純けい、ホント旨かったです。

焼き鳥の関連記事
焼き鳥の種類を部位別に紹介してみよう

焼き鳥愛について語ってみる

Sponsored Link