大阪の桜の名所といえば、大阪造幣局は外すことはできません。ただ大阪造幣局、と言われても場所がピンとくる方、案外少なかったりします。大阪造幣局のアクセスや最寄駅、桜の名所のご案内です。

大阪造幣局の桜、造幣局の敷地内のためお花見=宴会は出来ませんが、見事な桜は全国的に有名です。ただ案外場所は知られていないんですよね。実は大阪でも、結構マイナーな場所にあります。けど、大阪の中心部から離れている訳ではないので、ご安心ください。

Sponsored Link

大阪造幣局のアクセス

大阪造幣局に行くには下記の4つのアクセス方法があります。

①大阪駅や梅田駅から行く場合
・大阪駅or梅田駅 →徒歩→ 地下鉄谷町線東梅田駅 → 天満橋駅
・天満橋駅2号出口を出て北側の橋を渡って徒歩15分で造幣局に到着。

②なんば方面から行く場合
・地下鉄千日前線なんば駅 → 谷町九丁目駅で谷町線に乗換え → 天満橋駅 
・天満橋駅2号出口を出て北側の橋を渡って徒歩15分で造幣局に到着。

③JRで行きたい場合その1-大阪駅
・大阪環状線大阪駅 → 京橋駅でJR東西線に乗換え → 大阪城北詰駅
・大阪城北詰駅3号出口を出て西側の橋を渡って徒歩15分で造幣局に到着。

④JRで行きたい場合その2-大阪駅から歩ける場合(素直に地下鉄のほうがよいですが・・・)
・大阪駅 → 徒歩 → JR東西線北新地駅 → 大阪城北詰駅

・大阪城北詰駅3号出口を出て西側の橋を渡って徒歩15分で造幣局に到着。

 

京都方面からお越しの場合はJRの場合は③で京橋駅までお越しください。京阪電車の場合は、京阪天満橋駅で降りれば、あとは①②と同じです。

Sponsored Link

大阪造幣局の入り口

大阪造幣局は、北側にも門がありますが、桜の季節の通り抜けは、南門からしか入れません。よって、JR桜ノ宮駅、JR京橋駅、JR・地下鉄南森街駅からは、造幣局に行くことはできますが、桜の通り抜けは出来ないのでお気を付けください。

大阪造幣局の桜、さすが名所だけあってキレイです。ソメイヨシノがブワァーと咲いているのとはちょっと違って、色々な種類がズーット道沿いに咲いています。インパクトが結構あって、一度見ると非常に印象に残る桜の風景ですよ。
造幣局の桜

桜の通り抜けは期間限定ですのでお忘れなく。2019年は下記の日程で造幣局の桜の通り道が解放されます。

・4月9日(火)~4月15日(月)までの7日間
・平日は午前10時から午後9時まで
・土曜日・日曜日は午前9時から午後9時までです

開始はニュースとかで流れるので分かる方も多いのですが、最終日知らずに訪れる方も多いようなので、ご注意を。

大阪は造幣局の桜が終わると、すぐに暑くなるのがここ最近のパターン。今年も春はあっという間に通り過ぎて、暑くなるのでしょうか?まぁ、そんな先のことはさておき、お時間あれば一度行ってみてはいかがでしょうか?さすがは桜の名所!、ということに納得されると思います。

大阪の桜の関連記事
大阪造幣局、桜の後の花見酒は屋台か居酒屋か?

大阪城公園の花見の穴場は船の上、快適な花見ができます!

Sponsored Link