神戸と言えば港町。そんな港町の気分を満喫できる観光方法を発見。それは遊覧船。神戸観光にオススメできる、遊覧船に初乗船。なかなかよかった神戸港めぐりでした。

 考えてみると、色々な場所で観光船に乗っている管理人。神戸は港町で、更に何度も言っていますが、観光船に乗る機会はこれまでなく来ています。そんな管理人、神戸で観光船に乗る機会を得ました。神戸駅から地下道を潜って、ウミエを通り、ハーバーランドを通り過ぎると、神戸の観光船乗り場に到着。何と神戸は観光船3隻も出航しているんですね。さすが港町神戸。
 管理人が乗船したのは、「ファンタジー号」という船。大人の乗船料1,200円なり~。

                          Sponsored Link

ビール片手に悦楽の小船旅となりました

 船自体は普通の小型観光船。乗船した時は、船でビールフェアを開催中で、1階に出店が出てました。2階はクーラーの効いた客室と、展望デッキ。やはり折角の船、デッキで海風に当たりながら景色を見るべきでしょー、ということで、展望デッキに陣取りました。
 出航までそんなに時間はなかったのですが、売り子の女性の熱心さと、有馬ビールというビールの興味に、最終的にビールを購入。そんな訳で、ビール片手の小船旅とあいなりました。観光船でビール飲んだの当然、人生初となりました。

 イザ出港!乗船したのは真夏の暑さの日でしたが、涼しい海風に吹かれ、非常に心地よかったです。更に片手にはビール、嗚呼極楽極楽。
 景色は流石、港町神戸と言われるだけのことはあるなぁ、という景色。川崎重工とか三菱重工のドッグを普通に見られる機会って、殆どないですね。考えてみれば、ちゃんとドッグを見たの初めてでした。更に三菱重工の岸には、自衛隊の潜水艦が整備のために係留してあり、若干軍事マニアの管理人としては、こりゃすごい、と思ってしまいました。それなりに距離はありましたが、バッチリ潜水艦と分かりましたから。現役の潜水艦って、滅多にお目にかかれませんから。
 他には、何かと話題の理研CDBの建物も発見。また岸壁で釣りをしている人も多く、殆ど釣りをしたことがない管理にですが、釣りしてみたいなぁ、と思ってしまった。

 そして折り返し地点は、神戸空港。神戸空港は行ったことも見たこともなく、これまた初めて見ました。噂にたがわず、神戸空港は海の上の空港でした。こんな所に空港を作ってしまうのですから、日本人は大したものです(って関西空港も、長崎空港も海の上の空港ですが)。
 ちなみに神戸空港の先に、結婚式場があるそうで、その結婚式場大人気だそうです(放送で案内してた)。海の上の結婚式場ですか、そりゃ流行りそうだよなぁ。けど神戸空港の先にそんな施設があるとは、知らんかったな。。。
 神戸空港まで行ったら後は帰るのみ。景色見るもよし、ノンビリするもよし。管理人はなーんにも考えず、ボーット景色を見てました。
 そんなこんなで港に到着。約45分の船旅を楽しんで来ました。

14.8.25神戸 スタートとゴールで見える、メリケンパークオリエンタルホテル

大満足の船旅でした

 ビール片手の小船旅に大満足の管理人。そー言えば、観光船含めて船乗るの何年ぶりだろ???最後に乗ったのは・・・、数年前に乗った下田の観光船のような。神戸の観光船、港町神戸らしい景色が見ることができて、なかなかオススメです。ご興味あれば是非一度お試しあれ。港町神戸の魅力を発見できるかもしれません。

Sponsored Link