ここ数年ずーっと覆いがかぶさっていて、直接姿を見ることが出来なかった姫路城の天守閣。平成の大改修も終盤戦に入り、工事後の姫路城天守閣が姿を現しました。姫路城の工事後の天守閣は白かった!管理人の実体験レポートです。

 平成の大改修の真っ最中も姫路城。ここ数年天守閣はずーっと覆いがしてあって、少々寂しい姿を見せていましたが、先日遂に工事後の姫路城天守閣がその姿を現しました。工事後の姫路城は白い!、と各方面で報道されており、一度見てみたいものだ、と思っていた、多少城マニアの管理人、何と偶然姫路に行く機会に恵まれ、新しい姫路城を拝む機会を得ました!

                          Sponsored Link

工事後の姫路城は噂通り白かった!

 姫路城は考えてみれば約20年前に行っています。その時は約半日かけて姫路城の城郭を歩き回りました。姫路城、さすが国宝だけあっていいお城です。何がいいって、天守閣だけでなく、城郭全体が残っている所。姫路城に行くと、日本のお城の奥深さが実感でします。よくある天守閣って、城を構成する一要素ですから。城郭という全体像を見るには姫路城が一番。彦根城もよいらしいのですが、彦根城には行ったことがない・・・。
 
 そんな姫路城ですが、天守閣のイメージは灰色の屋根で壁は白色、というのが一般的。

一般的にはこんなイメージですね

 しかし平成の大改修の後半で姿を現した姫路城天守閣、その色のあまりの白さが話題になっています。

 屋根が白色になった訳ではないけれど、間違いなく全体的に白くなってます。以前の姫路城は輪郭がスッキリしていましたが、新しい姫路城は全体的に白っぽくボワーット白がかっている感じ。幻想的と言えなくもないですが、いずれにしてもこれまでの姫路城のイメージとは随分違いました。けど白っぽい姫路城、これまでのイメージとは違いますが、これはこれでなかなかよかったです。

Sponsored Link

実は白い姫路城が本来の姿、けど今の姿はもって数年

 実は今の白い姫路城が本来の姿のようです。壁や屋根の接着等等で使われている漆喰、もともと真っ白ですが、自然物でもあり、ペンキと違い、数年で本来の白色ではなくなってしまう、とのこと。ということは、逆に今まで見てきた姫路城が本来の姿ではなかった、ということに。そして本来の姫路城の姿を見ることができるのは、今後数年間のみということに。
 そんな珍しい時に姫路城を見ることが出来たなんて、何てラッキーな!まだ平成の大改修工事中の姫路城、中には当然入ることはできませんが、外から拝む機会を得ただけでも、まずはメッケもんでした。

姫路城の正式オープンは来年3月、今の段階でも白い姫路城は一見の価値あり

 白い姫路城、なかなかよいです。姫路城の平成の大改修は現在進行形で進んでおり、天守閣に登れるようになる正式オープンは来年3月のようです。とはいっても、白い姫路城、時の経過とともにドンドン本来の色から変わっていってしまうようなので、姫路の街から見る姫路城、今のタイミングで見ても、十分楽しめます。城マニアでなくても、話のタネになるのは請け合い。
 夏休みの小旅行に、工事中の姫路城見に行くというのもなかなかオツものではないでしょか。白い姫路城見るのは時間との闘いです、ご興味あれば一度是非。今までのイメージと違う姫路城の姿に驚くとともに、その美しさにハッさせられます。お勧めです。

15/2/4追記:いよいよ2015年3月27日に姫路城は平成の修理を終えてグランドオープンです!

「姫路城のアクセス、JR姫路駅から徒歩約15分で到着!」
http://okiraku-news.net/2015/02/04/himezi-access/

Sponsored Link