JR西日本が運行する寝台特急トワイライトエクスプレスが2015年春に引退・廃止が決定、原因理由は車両の老朽化だそうです。人気の寝台特急だけに、引退・廃止を惜しむ声が増えそうです。

 JR西日本が運行する寝台特急トワイライトエクスプレス。大阪から札幌を22時間かけて走る、鉄道ファンを中心に根強い人気を誇る寝台特急ですが、残念ながら引退・廃止が決定。その理由は車両の老朽化。これまで25年走り続けたトワイライトエクスプレス、ご苦労様でした。

「トワイライトエクスプレス、引退へ 老朽化で存続断念」
http://www.asahi.com/articles/ASG5W5S9PG5WPTIL01H.html

 以前は鉄道での宿泊旅を堪能するならトワイライトエクスプレスか北斗星か、と言われたものですが、トワイライトは引退ですかぁ。残念ですね。(以前はJR九州の「ななつ星」はまだありませんので) ブルートレインがまだ健在の頃、寝台特急なのに、なぜか全身緑のそのカラーリングは嫌でも印象に残らざるを得ませんでしたね。初めて大阪駅でトワイライトエクスプレスを見た時は、なんじゃあの緑の列車は、と思ったものです。新幹線で新大阪から西方面に乗ると、新大阪駅付近の鉄道基地にご鎮座するトワイライトエクスプレスを見る機会が多く、今日は緑のトワイライトいるのかなぁ、と思って新幹線の窓をよくのぞいています、今も。

                          Sponsored Link

トワイライトエクスプレスの後はどうなる?

 JR西日本は、2017年春から新し寝台列車の運転開始を既に発表しています。走るコースはまだ決まっていないようですが、関西及び中国地区といったJR西日本エリアでの運行が予想されています。
 ただ10両編成で定員30人の予定なので、カテゴリー的には「ななつ星」の超高級寝台特急に近いイメージですね。トワイライトエクスプレスは、まだちょっと奮発すれば、一般庶民でも手の届く金額で乗ることのできる寝台特急でしたが。
 
14.5.28ななつ星
JR西日本の新しい寝台特急は「ななつ星」のイメージに近そうです

 ブルートレインが全て廃止になってしまったように、普通の寝台特急では採算が取れない時代になってしまった、ということなんだと思います。トワイライトエクスプレスの採算がどうだったかは分かりませんが、大阪~札幌間という、日本で宿泊をしながら鉄道旅を存分に楽しむという意味では、運行距離の長さからはトワイライトエクスプレス以上の列車は無かった訳で、復活とかしませんかね。新しい車両投入すると、またお金かかりますが、既存の車両使うとか何とかして・・・、うーむ使い回しのできる車両がないから、引退・廃止の結論なのかもしれませんが。

 トワイライトエクスプレスの引退・廃止は2015年春。引退・廃止の発表を受けて、2015年春の最終出発までのチケット争奪戦が始まりそうですね。チケット争奪戦、参加はしませんが、夕方に大阪駅にトワイライトエクスプレスの雄姿を、混雑する前に撮りに行きますかね。
 時代の流れを感じるとともに、少々寂しいニュースでした。

追記:残念ながら北斗星も2015年3月にその歴史の幕を閉じるようです

『寝台列車「北斗星」が廃止へ、理由は北海道新幹線開業と車体の老朽化』
http://okiraku-news.net/2014/12/09/hokutosei/

Sponsored Link