2027年に開業予定のリニア中央新幹線。現状、東京-名古屋間の開業が先行で、大阪延伸は名古屋までの開業の18年後の2045年、という予定ですが、8年程度短縮となる可能性が。

 政府とJR東海が現在の2045年の大阪延伸を前倒しできないか検討に入ったようです。目下のところ最大8年短縮の2037年開業、という案で進んでいるようです。

 果たして大阪後にリニア中央新幹線の姿を見る日は前倒しになるのか?JR東海、そして政府の決定が待たれます。

                          Sponsored Link

リニア中央新幹線は2027年に東京-名古屋間で開業予定

 既に着工が始まっているリニア中央新幹線。JR東海という民間企業が3兆6,000億円を自ら投じて進める、民間企業としては異例の巨額プロジェクト。

 ただしJR東海は本社が名古屋、ということもあり、東京-名古屋間の開業が最優先というスタンス。残念、大阪は名古屋までの開業の後、18年後の2045年に開業、という予定。

 けど民間のJR東海という一企業が進めるプロジェクトに対して、株主でもない外野があーだこーだ言った所で、何も響きません。関西の自治体が、ぜひとも大阪まで早期に延伸を、と言っても、お話しは伺いますが・・・、というところで終わってしまってました。

 そんな中、リニア中央新幹線の大阪延伸、最大8年前倒しで2037年開業という方向で政府とJR東海が検討を開始したようです。

リニア中央新幹線、大阪延伸が2037年に前倒しの可能性が

 リニア中央新幹線が名古屋まで来たとして、大阪まで延伸するのが18年後、というのはいかにも遅いです。まぁ、JR東海は名古屋の会社なので、正直気持ちは分からなくはありませんし、名古屋までで3兆円オーバーの資金が必要なわけで、それ以上お金は出せない、というのも理解できます。

 そんな中、政府とJR東海がリニア中央新幹線の大阪延伸を最大8年短縮する案を検討しているようです。

政府とJR東海は25日、リニア中央新幹線の大阪への延伸時期を2045年から前倒しする検討に入った。最大8年短縮する案が軸。東京-大阪を67分で結ぶリニアの早期整備で経済活性化につなげる。政府は長期低利融資でJR東海の資金調達を支援する。(2016/5/26日本経済新聞)

 ない袖は振れないJR東海に代わって、政府が資金支援を行う、というストーリーのようです。実は当初からの大阪延伸の18年後というのは、経過措置とし8年程度の空白期を設けている所がミソ。大阪まで延伸する、と決めてしまって、お金の用意ができれば、その8年は考えずともすみます。この空白期をなくすだけで大阪延伸は10年後となります。あとはもう少し努力して2年短縮して、8年後の大阪延伸、という計算となります。

 リニア中央新幹線が名古屋まで来ても、大阪に来るのは8年後か・・・、とまだそれでも少々先のような感もあります。しかしながら、それまでの18年後と比べれば、期間は半分以下となります。大阪にリニア中央新幹線がやって来る日が、少しずつですが現実味を帯び始めている、とは言えるのではないかと。なにせそれまでの状態だと、JR東海は本当にリニア中央新幹線を大阪まで延伸させるのだろうか・・・、という部分もあったので。

 何にしても本当に政府とJR東海が合意すれば、リニア中央新幹線の大阪延伸、イヨイヨ現実のものとなります。

Sponsored Link

京都経由か奈良経由か?どちらを通すかが大問題

 そうかリニア中央新幹線は名古屋から大阪延伸が見えてきたか・・・、と思いたいのですが、目の前に大問題が。

 で、大阪まで京都経由にするの?それとも奈良経由?

 その昔に政府が決定したリニアの基本計画は奈良経由、ということで決定がされています。しかしはるか昔に決められたことだし、世界屈指の観光都市の京都を抜きにリニアも何もないでしょ、と京都が言ってます。

 ここは関西圏が一丸となって意見をまとめましょー、というのがあるべき姿なのですが、奈良と京都の問題、おさまりがつく気配がありません。

 この奈良と京都の問題、リニア中央新幹線の大阪延伸の最大の問題と考えられます。JR東海の単独事業の場合、関西勢がリニアの大阪延伸をJR東海にお願いするのであれば、どこを通すか関西で決めてから話を持ってきてください、とすれば、JR東海はいつまでも大阪延伸をせずにすんでいた可能性だってありますので。

 今回の大阪延伸の前倒し、政府が絡んでいるので、ここは政府が調整に乗り出すことになると考えますが、果たして調整がつくかどうか。今後の議論、大変興味深いです。

北陸新幹線は京都経由、リニア中央新幹線は奈良経由?

 リニア中央新幹線の一方で、関西では北陸新幹線の大阪延伸の働きかけも行っています。北陸新幹線の延伸についても議論がまとまる状況ではなく、今後迷走する可能性が。

 フト思ったのですが、足して2で割る式に考えれば、北陸新幹線は最大限京都に配慮する代わりに、リニア中央新幹線は奈良経由、というのが現実的な落としどころかもしれません。冷静に考えて、北陸新幹線もリニア中央新幹線も両方とも京都に配慮、というのはさすがにやりすぎ。であれば、どちらかは譲ってね・・・、となります。となると、リニアは奈良、というその昔からの基本方針通りで着地となります。

 けどこの場合、じゃあリニアを京都経由にしてくれれば北陸新幹線はもういい、と京都が言い始めると困ったことになりますが・・・。ま、北陸新幹線は敦賀が終点、ということにすれば問題解決のような気もしますが。

 けど北陸新幹線とリニア中央新幹線、大阪延伸の計画時期がそんなに離れていない部分に大人の解決方法がありそうな気もします。

まとめ

 JR東海が事業主体ということで、リニア中央新幹線が名古屋から先の大阪に延伸するのは、実は相当先の話では・・・、と若干思ってましたが、政府が動き始めたようなので、時期はさておき、リニア中央新幹線の姿を大阪で見ることができる日は現実のものとなりそうです。

 最大8年前倒しだと、リニア中央新幹線の大阪延伸は2037年。まだ21年先ですが・・・。

 21年何てアッと言う間かもしれません。政府とJR東海の話し合いがついて、リニア中央新幹線の大阪延伸が早期に決まることを期待したいものです。

リニア中央新幹線の関連記事
リニア中央新幹線の工事、12/17に着工開始、開業は2027年の予定
リニアモーターカーの原理、超電導か常電導か、JR東海は超伝導

北陸新幹線の大阪ルートはいつ決まる?リニア新幹線が先に名古屋開通の可能性も?

Sponsored Link