「内回り」か「外回り」、どっちの方向?、と言われても実はピンと来ない方が多いのですが、原理は簡単だった。JRの東京山手線と大阪環状線、「内回り」と「外回り」の見分け方、調べてみると、意外に分かりやすかった!

 東京なら山手線、大阪なら大阪環状線。いずれもJRが大都市で円状で列車を運転しています。その山手線と大阪環状線、列車の進行方向を「内回り」と「外回り」で説明していますが・・・、実は「外回り」と「内回り」ちゃんと区別できない方が案外多い。ハイ、管理人もそうでした。山手線なら、乗る駅から見て、新宿がどっち?、とか、上野がどっち?大阪環状線なら、京橋方面に行くのか?、それとも桜島方面に行くのか?、と駅の方向で理解していたりしますが、折角なので見ていってくださいな、「内回り」と「外回り」の見分け方。

                          Sponsored Link

時計回りは「外回り」、その反対は「内回り」

 「外回り」と「内回り」の見分け方、実は非常に簡単。

時計回りは「外回り」、その反対は「内回り」、です。以上。
→理由:電車は車と同じく左側通行だから。3重円をイメージして、真ん中の円が中央分離帯、左側通行なら、時計回りが外回りになりますよね。

スライド1
こんなイメージです

 知ってしまうと、何て簡単な・・・、と思ってしまいますが、知らないといつまでたっても知らない、という典型例の「内回り」と「外回り」。これで今後「内回り」、「外回り」と聞いても、東京・大阪のどちらでも応用が利きますよ。覚えておいて損は無いハズ。
 実はこの考え、当然地下鉄の大江戸線でも応用可能。更に道路でも応用可能です。東京の環七、環八といった高速道路でも同じだったりします。日本は鉄道も車も左側通行ですから。

Sponsored Link

恵比寿駅の駅メロと阪急梅田駅の終電近くの駅メロも一緒なのだ

 閑話休題。「内回り」と「外回り」は東京でも大阪でも同じ考えですが、実は東京のJR恵比寿駅の駅メロと、大阪の阪急梅田駅の終電の駅メロも同じ音楽。あの、サッポロのエビスビールのCMで流れている、チャララララーララーン、というやつです。(映画「第三の男」の音楽)


こちらJR恵比寿駅

 恵比寿駅は日中から流れていますが、梅田駅は夜遅くしかかかっていないので、実は大人しか知らない事実かも。梅田駅で初めて、恵比寿駅と同じ駅メロを聞いた時、ここは恵比寿駅か?、と酔っぱらった頭で思ってしまいました、ホント。


こちらは阪急梅田駅の終電

 恵比寿駅の着メロは、恵比寿駅→サッポロの本社→エビスビールのCM、というイメージで非常にスット理解できるのと、日中から流れているので聞き慣れていますが、梅田駅で聞くあのメロディーは初めの頃はちょっと違和感がありました。まぁそのうち慣れたのと、だいたいその音楽聞く頃は酔っぱらっているので、そーいえば、という感じになってしまいますが。

 と、言うことで、一回知ると何だそんなことだったのか・・・、と思うけど、知らないと恐らくずーっと悩み続ける問題の典型。山手線と大阪環状線の「内回り」と「外回り」問題の解決方法でした。

Sponsored Link