JRが北陸新幹線の開業日を2015年3月14日(土)と発表。そして東京-金沢間を約2時間半で結ぶ最速の「かがやき」に新潟県内の停車駅が無いことも判明。今後議論を呼ぶかもしれません。

 2015年春の開業を予定していた北陸新幹線。JR東日本・西日本が正式に2015年3月14日(土)開業と発表しました。

「北陸新幹線 長野~金沢駅間開業に伴う運行計画の概要について」
http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/08/page_6073.html

 これでいよいよ東京から富山・金沢まで新幹線一本で行けるようになります。しかしながら、最速の「かがやき」の停車駅は新潟県内に無いことも判明。今後議論を呼ぶ可能性もあります。

                          Sponsored Link

「かがやき」の概要

 北陸新幹線で、東京-金沢間を結ぶ最速の列車は「かがやき」。1日10往復、東京-金沢間を約2時間半で結びます。
 北陸新幹線は、1997年開業の長野新幹線を延伸して開業する形となり、長野駅以降に、飯山駅・上越妙高駅・糸魚川駅。黒部宇奈月温泉駅・富山駅・新高岡駅・金沢駅の7駅が新設。また2025年までには、福井県敦賀市までの延伸も計画。尚、北陸新幹線開業を機に、長野新幹線は名称が、北陸新幹線に統一されます。
 しかし今回「かがやき」は新潟県内の駅には停車しないことが明らかに。確かに北陸新幹線は新潟市から離れているし、新潟市には既に新幹線通っているしで、JRの判断分からないでもないですが、今後議論を呼ぶ可能性も。
 田中角栄が存命であれば、こんなことはまずなかったようなって、田中王国も既に過去の栄光となりにけりですか。けどその昔、JR東海が「のぞみ」を、名古屋駅をすっとばして走らせようとしたものの、各方面からの猛反対により、あっけなくその旗を降ろしたこともあり、今後どうなるか興味深い所があります。

北陸新幹線のメインは「はくたか」と「つるぎ」

 「かがやき」は新潟県内をスルーしますが、北陸新幹線のメインは実は、停車駅の多い「はくたか」だったりします。「かがやき」が1日10往復に対し、「かがやき」は1日15往復。「かがやき」はスピード重視の特別列車という扱い。その「はくたか」は東京-金沢間を約3時間50分で結びます。
 また金沢-富山間を往復する「つるぎ」は、1日18往復の運転。片道約20分となります。
 このように見ると「北陸新幹線」は、東京と地方都市を結ぶ足という機能は当然ありますが、地方都市間を結ぶ足、という色合いがより濃い新幹線と言えそうです。

14.8.28金沢駅 開業準備が着々と進む、金沢駅

一方で廃止の特急も

 北陸新幹線の開業に合わせ、「はくたか」「北越」「おはようエクスプレス」という在来線特急の廃止も発表されています。この中では「はくたか」(越後湯沢~金沢・福井・和倉温泉駅間)は、1997年のほくほく線開業以降、17年間で伸べ9,400万人が利用した特急であり、その廃止を惜しむ声も多いようです。

 2015年3月14日(土)の開業に向け、着々と準備の進む北陸新幹線。今後順次、ダイヤ等の具体的な運行計画が明らかにされる予定です。鉄道ファンや金沢・富山出身で関東におられる方には、待ち遠しい3月になりそうですね。
 北陸新幹線、順調に3月の開業日を迎えることを願いたいですね。

12/9追記:北陸新幹線の開業、上越妙高駅と糸魚川駅のある新潟県の悩みが深いようです

http://okiraku-news.net/2014/12/09/hokuriku-sin-niigata/

Sponsored Link