北海道新幹線が2016年3月26日(金)開業。奥津軽いまべつ駅、木古内駅、新函館北斗駅の3駅が開業し、遂に新幹線は北海道上陸。そんな北海道新幹線の料金と停車駅について調べてみました。

 昨年の北陸新幹線に続き北海道新幹線の開業。国内の旅行も随分と便利になりすね。

                          Sponsored Link

そもそも北海道新幹線とは?

 実は北海道にとって新幹線の開通は長年の悲願。1973年の整備計画から始まり、その後財政問題等で紆余曲折ありつつも、工事着工から11年で遂に北海道新幹線は2016年3月26日に開業。

 しかしながら、今回の開業は新青森駅→新函館北斗駅の148.4kmのみの開業。北海道と言えば、その道庁は札幌にありますが、今回の開業は北海道の玄関口である函館までとなります。
 そしてその札幌までは、2030年に延伸が予定されています。そうなんです、札幌まで新幹線が開通するのまだ後、14~15年も待たないといけないんです。

 今回の第一弾となる北海道新幹線の開業は、これまでの東北新幹線の新青森駅から先、奥津軽いまべつ駅、木古内駅、新函館北斗駅の3駅が開業となります。

北海道新幹線の名前と車両

 これまでの東北新幹線を延長し北海道新幹線の誕生となりますが、東北・北海道新幹線直通列車の名前は「はやぶさ」、「はやて」と名付けられています。両者ともに、既に東北新幹線で利用されている名前ですね。

 北海道新幹線の車両は、基本的には現在の東北新幹線と同じ性能。東北新幹線で使用されているE5系と同じ性能を持つH5系を追加で投入。
 ただし車両の窓の下の紫のラインカラーにご注目。窓の下に紫のラインカラーがあるのが北海道新幹線となります。


北海道新幹線のH5系車両、窓の下の紫のラインカラーにご注目!

北海道新幹線の主要駅からの所要時間と料金(指定席・グリーン車・グランクラス)

 北海道新幹線、今回の開業の終点である、新函館北斗駅までの各主要駅からの料金は下記のように設定されています。

東京→新函館北斗:約4時間9分

・普通車指定席22,690円(運賃11,560円+特急料金11,130円)
・グリーン車30,060円(運賃11,560円+グリーン料金18,500円)
・グランクラス38,280円(運賃11,560円+グランクラス料金26,720円)

大宮→新函館北斗:約3時間44分

・普通車指定席21,740円(運賃11,340円+特急料金10,400円)
・グリーン車28,080円(運賃11,340円+グリーン料金16,740円)
・グランクラス36,300円(運賃11,340円+グランクラス料金24,960円)

仙台→新函館北斗:約2時間37分

・普通車指定席17,310円(運賃8,430円+特急料金8,880円)
・グリーン車23,650円(運賃8,430円+グリーン料金15,220円)
・グランクラス31,870円(運賃8,430円+グランクラス料金23,440円)

盛岡→新函館北斗:約1時間53分

・普通車指定席12,880円(運賃5,840円+特急料金7,040円)
・グリーン車17,170円(運賃5,840円+グリーン料金11,330円)
・グランクラス25,390円(運賃5,840円+グランクラス料金19,550円)

新青森→新函館北斗:約1時間

・普通車指定席7,260円(運賃2,810円+特急料金,4,450円)
・グリーン車9,490円(運賃2,810円+グリーン料金6,680円)
・グランクラス14,630円(運賃2,810円+グランクラス料金11,820円)

 北海道新幹線にもグランクラスが存在。さすが高いお値段です。新青森→新函館北斗は運賃2,810円に対して、グランクラス料金11,820円!さすがに新青森から新函館北斗の約1時間のために、グランクラスに乗る方はいないと思われますが。

 東京から函館まで、北海道新幹線の開業で4時間あまりで行けるようになります。これまで東京から函館に行こうとすると、東北新幹線で新青森まで行って、そこから先は青函トンネルをくぐる電車に乗りかえて5時間以上かかっていましたが、これで1時間の時間短縮となります。

 函館市街地から新函館北斗駅まで遠い(約15分)とか、思ったより時間短縮効果が無い、というご意見もあるようですが、青函トンネルをくぐる電車の乗り換えの時間ロスと、乗換えの気分的な距離感がなくなるのは、結構大きいと思います。出張で乗換えがあると、何だかんだで時間食うのと、また乗換えか・・・、という精神的な負担が結構ありますので。

※尚、所要時間は北海道庁の「北海道新幹線開業NAVI」を参考

北海道新幹線の運転本数

 北海道新幹線の運転本数は下記のように予定されています。

・東京~新函館北斗「はやぶさ」→1日10往復
・仙台~新函館北斗「はやぶさ」→1日1往復
・盛岡~新函館北斗「はやて」→1日1往復
・新青森~新函館北斗「はやて」→1日1往復

 「はやぶさ」、「ほくと」合わせて北海道新幹線は1日合計13往復の運転が予定されています。

Sponsored Link

北海道新幹線の停車駅の特徴と名物

 北海道新幹線の開業で新しく設置される、奥津軽いまべつ駅、木古内駅、新函館北斗駅の3駅。それぞれの特徴と名物を取り上げてみました。

奥津軽いまべつ駅

 奥津軽いまべつ駅、実は新幹線の駅としては”ひらがな”の入る3つ目の駅となります(既存はくりこま高原、いわて沼宮内)。

 奥津軽いまべつ駅は、「津軽海峡冬景色」でお馴染み竜飛岬の最寄駅で津軽線との乗換駅となります。しかしながら、周辺人口が少なく、新幹線駅として日本最小の乗車人口記録更新が噂されています。尚、これまでの最低記録は、”ひらがな”利用の、いわて沼宮内駅の1日85人。ひらがな利用の新幹線駅は利用人口が少ない駅に名付けられる傾向があるようです・・・。

 竜飛岬、「津軽海峡冬景色」のお陰で有名ですが、実は行ったことのある方殆どいないのでは?竜飛岬はこんな感じです。

 また、青函トンネル記念館にも行けます。

 青函トンネル記念館では、ケーブルカー「もぐら号」に乗って海面下140mの体験坑道に行けて、青函トンネル工事の際の雰囲気を充分に味わうことができますよ。

木古内(きこない)駅

 北海道の玄関口、木古内に北海道新幹線の木古内駅も設置。管理人、その昔青函トンネルをくぐって人生で初めて北海道に上陸した際に、初めて聞こえてきた”木古内”という駅名が、なぜか非常に印象に残っています。北海道はいきなり、読みにくい漢字の駅からスタートするのか、と。

 木古内駅のデザインは地元の高校生が選んだということで、話題の駅です。

 そして木古内は横綱・千代の富士の出身地に近く、横綱千代の山・千代の富士記念館が存在。土俵付きの記念館で1時間500円で利用も可能です。
 夏は九重部屋が合宿を行う名物スポットにもなっています。昨今、女性の相撲ブームなので、北海道新幹線開業後は、夏の合宿中は女性ファンであふれかえりそうですね。

「横綱千代の山・千代の富士記念館インフォメーション!」

新函館北斗駅

 実は新函館北斗駅は函館市ではなく北斗市にあります。新幹線で新〇〇駅、というのは大体市街地から離れていると相場が決まっていますが、まさに新函館北斗駅もその例にもれません。
 そして新函館北斗駅から函館市内までは「はこだてライナー」に乗って約17分。


新函館北斗駅の様子

 鉄道マニアには、実は北海道新幹線より「はこだてライナー」のほうが人気かも?


まだカバー付きの「はこだてライナー」

 函館と言えば五稜郭ですね、管理人。一度行きましたが、結構広かったです。また若干幕末好きも入っているので、展示館の土方歳三の展示物は思わず見入ってしまいました。

15.12.3五稜郭-min
五稜郭

Sponsored Link

今後の北海道新幹線について

 3月26日に開業の北海道新幹線ですが、あくまでも北海道の玄関口とも言える函館までの開業で、札幌までの開業はまだ先。現段階では2030年に北海道新幹線は札幌まで開業の予定。

 尚、札幌までに設置される北海道新幹線の駅は下記が予定されています。

・新八雲駅
・長万部駅
・倶知安駅
・新小樽駅
・札幌駅

 ただし2030年開業でまだ14~15年先であり、紆余曲折ある可能性もあり。
 実際、新幹線札幌駅を札幌駅のどの辺りに設置するかについては揉めていますし。

 ちなみに、北海道新幹線完全開業の暁には、東京→札幌間が約5時間で結ばれることになります!
 これまで電車の乗継で約9時間かかっていたのに比べると、大幅な時間短縮となります。え?これまで電車で東京から札幌行く人なんていなかったって?5時間かけて東京から札幌行く人いるのか?、という議論も当然あるようです。

15.12.3北海道新幹線開業2-min
札幌に新幹線が来るべ、と言えるのは2030年の予定

4~5時間の新幹線旅行、居酒屋新幹線がオススメ

 3月開業の北海道新幹線、東京~新函館北斗間が約4時間。随分先ですが、札幌まで通ったとして東京まで約5時間。

 東海道・山陽新幹線で言えば、4時間だと東京~岡山、5時間だと東京~広島とほぼ同じ時間となります。

 出張という観点で言えば、東京に岡山や広島の日帰り出張は普通にありますし、その逆に岡山や広島から東京への日帰り出張も普通にあります。だから、函館や札幌に北海道新幹線が開通した際も、ビジネス利用のお客さんは相応に見込めるのではないかと思います。スポイト減少の懸念もありますが。

 出張族とすれば函館出張して、帰りに新幹線で帰るって非常に楽しそう。函館駅前の市場でツマミとビールを買ったら、帰りの新幹線は”居酒屋新幹線”の出来上がりー。新幹線の揺れる車輌で飲むビールがウマイんですよこれが。新幹線の揺れでいい気分に酔っぱらいます。北海道のツマミで居酒屋新幹線、正直憧れてしまいます。

採算的にはとっても厳しい北海道新幹線

 まずは北海道新幹線、最初のスタートを切れる訳で、ヨカッタヨカッタ、という状況ですが、実は採算的にはとってもシンドイようです。

 JR北海道によると、北海道新幹線は少なくとも札幌延伸がなされるまでは新幹線事業は赤字が継続する、との見通しを発表しています。
 目先は3年間で年平均48億円の赤字!

 経営の厳しいJR北海道にとって、北海道新幹線の開業、手放しで喜ぶことのできない状況です。年平均48億円の赤字が上積みされるのですから・・・・。北陸新幹線の開業と違って、採算と言う観点では北海道新幹線の開業、JR北海道が素直に喜ぶことのできないのは少々寂しいものがありますね。

まとめ

 2016年3月26日に新函館北斗駅までの開業が予定されている北海道新幹線。北海道が昭和の頃からの念願だった新幹線が、遂に北海道に上陸です。北海道の方の感慨はひとしおではないでしょうか。

 これまで北海道に行く=飛行機、という選択肢しかありませんでしたが、今後は新幹線も選択肢に入ってきて、北海道の旅行が盛んになりそうですね。実際、北陸新幹線開業後は、金沢の国内観光客が激増していますし。尚、北陸新幹線開業を契機に金沢が各方面で取り上げられて、面白いことに関西方面からの旅行客も増えているそうです。

 飛行機で北海道というと、気持ちに踏ん切りをつけないと行けない部分がありますが、新幹線なら、ちょっと行ってくるか、という感じで旅行に行けるので北海道新幹線開業を契機に、北海道への旅行客も増えていくのではないでしょうか?

 札幌までの延伸はまだ14~15年待つ必要がありますが、まずは北海道新幹線の新函館北斗までの開通。楽しみですね。

Sponsored Link