登山といえば憧れるのは、北アルプスの槍ヶ岳、という方も多いのでは?そんな槍ヶ岳登山、主要5ルートをご紹介!

 日本を代表する登山スポット、北アルプスの槍ヶ岳。実は登るルート、大きく分けて5つあります。そんな槍ヶ岳の登山ルートを、槍ヶ岳に実は結構な回数(5〜6回)登っている管理人がご紹介。

                          Sponsored Link

槍ヶ岳登山の難易度は中級以上、事前準備が大切

 基本的に槍ヶ岳に登ろうとしたら、1泊は見ておくべき。1泊の登山、相応の体力が必要となります。槍ヶ岳、王道的な上高地から槍沢ロッジを経て登るルートでも中級以上。だから事前の準備は必須。せめて1ヶ月くらい前から、週に1〜2度のジョギング(30分程度)をお勧めします。

 なまった体で槍ヶ岳行くと、槍ヶ岳手前でへばります。そしてへばると、高山病になります。槍ヶ岳、頂上の手前に小屋(槍岳山荘)があって、頂上まで更に片道30分程度かかりますが、体力なくて小屋で体力が尽きると、槍ヶ岳のピーク目前で、槍ヶ岳登頂断念という、何をしに行ったのか、分からない状態になります。アホな管理人、一度やってます・・・。高山病をなめてはいけません、というか事前準備は山はホント大切。

 それにそもそも、槍ヶ岳は登山の中級者以上の山。舐めてかかると思わぬ怪我しますよ。だから、事前準備として、体力作りはしておきましょう。

槍ヶ岳登山ルート

 槍ヶ岳に登るには主に5つのルートがあります。槍ヶ岳は槍岳山荘まで行くと、槍岳山荘から片道約30分です。
 下記ルート、時間は概算なので、各人の体力や技術によってかなり違ってきますので、ご了承ください。
(管理人、その昔に双六岳付近で、老夫婦が風のような速さで管理人を追い抜いて行き、登山は年齢ではないかもしれない、と実感したことがあります)

①上高地→槍沢ロッジ→槍ヶ岳

・槍ヶ岳に登る王道ルート。それでも日帰りは無理。槍岳山荘に宿泊して、ご来光を見てから、下山しましょう。
・上高地→3時間→横尾→1時間30分→槍沢ロッヂ→3時間30分→殺生ヒュッテ→30分→槍岳山荘
・片道合計8時間30分。
かつてSMAPの稲垣吾郎さんと草彅剛さんが槍ヶ岳に登ったルートでもあります

 ルートの詳細は下記記事をご覧ください。

「槍ヶ岳登山ルートその1、上高地から横尾の王道ルート」

②新穂高温泉→双六山荘→槍ヶ岳

・岐阜県側から登るならこのルートがオススメ。ただし余裕を持って2泊(双六山荘、槍岳山荘)がよいです。
・新穂高温泉→5時間30分→鏡平山荘→2時間30分→双六山荘→6時間30分→槍岳山荘
・片道合計14時間30分

 ルートの詳細は下記記事をご覧ください。

「槍ヶ岳登山ルートその2、新穂高温泉から双六小屋を経る2泊3日ルート」

③中房温泉→大天井岳→槍ヶ岳

・合戦尾根は北アルプス3大急登の一つ。ただし合戦尾根の後、燕山荘泊にすれば、それほど無理はありません。
・中房温泉→4時間→燕山荘→2時間30分→大天井ヒュッテ→7時間→槍岳山荘
・片道合計13時間30分

 ルートの詳細は下記記事をご覧ください。

「槍ガ岳登山その4、合戦尾根から燕岳・大天井岳に向かう表銀座ルート」

 

④新穂高温泉→槍平小屋→槍ヶ岳

・体力勝負で、中級者以上でないとオススメできません。管理人は2度このルートで槍ヶ岳登りましたが、槍ヶ岳の雄大さを感じることができるルートです、実は。
・新穂高温泉→4時間30分→槍平小屋→6時間15分→槍岳山荘
・片道合計10時間45分

ルートの詳細は下記記事をご覧ください。

「槍ヶ岳登山ルートその3、新穂高温泉から槍平小屋を経るルート(上級者向け)」

⑤上高地→穂高連峰→槍ヶ岳

・登山者が憧れる大キレット縦断ルート、上級者以外は行くべきではありませんが、絶景は感動もの。
・上高地→6時間→涸沢ヒュッテ→2時間30分→穂高岳山荘→9時間30分→槍岳山荘
・片道合計18時間

 あと、蝶ヶ岳や常念岳から槍ヶ岳に登るルートもありますが、アプローチが不便なため割愛。けど、蝶ヶ岳方面から見る槍ヶ岳は絶景です、ホント。詳しくは下記をどうぞ。

Sponsored Link

槍ヶ岳の難易度→中級者以上の山

 上記5ルートをご紹介しましたが、下界(上高地含む)から槍ヶ岳(正確には槍岳山荘)まで、最短でも片道約8時間30分。往復すれば16時間は見ないといけません。

 槍ヶ岳の日帰り登山は実質的に不可能!

 そして最短でも片道約8時間30分で1泊は必要と言うことで、槍ヶ岳の難易度は中級者以上の山、とさせて頂きます。

 トレランの方はひょっとすると、日帰りも可能かもしれませんが、管理人はトレランは全く分からない世界なので、コメントできません。けど客観的に、岩場が続くルートが多く、体力もさることながら一歩間違うと滑落の危険のあるルートも多い槍ヶ岳登山、トレランと言えども日帰りはやめたほうが・・・。

まとめ

 せっかく槍ヶ岳登山をする機会を得たのであれば、準備万端で槍ヶ岳に臨みたいものです。槍ヶ岳からのご来光と雲海見ると、ホント心があらわれる、というのがわかります。これは行ってみないと分かりません。 

15.4.27槍ヶ岳-min
槍ヶ岳からは、ホント色々な絶景が見られます!

 正直、お盆の頃に行くと、小屋から槍ヶ岳頂上まで、渋滞が出来ている姿は、登山ブームもここまでくるか・・・、と思ってしまいますが、そういったピークを外せば、素晴らしい景色を堪能できますよ。

 今も昔も管理人が一番好きな山、槍ヶ岳。ちゃんと事前の準備をして、事故のないよう登りたいものですね。

 尚、槍ヶ岳に登るのなら通称アエリア「山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地」は必須アイテム。事前準備に、登山中にと大活躍します。外界で眺めているだけでも結構楽しいですよ。槍ヶ岳の登山を計画するなら、まずはご購入を!

腰痛持ちの登山ファンのために

 空前の登山ブーム、中には腰痛を抱えている登山ファンも多いんです。

 テント泊でシュラフで寝ると特によく分かりますが、睡眠中の寝返りは腰にとって非常に重要。腰に負担を掛けずに、そして腰の疲れを取るように睡眠できるかが、腰痛改善のポイントになります。

 TVCMで見かける高反発マットレスが有名ですが、「モットン」という高反発マットレスはご存知ですか?

 日本人の体形に合わせた高反発マットレスで、既に34,000個以上を販売しています。ふわっとした感覚が特徴で、睡眠時の腰の負担が軽くなります。
 
 体に合わないor効果が無い場合もありますが、90日間の返金可能期間があるので、お試しにもなれます。

 腰痛を心配しながらの登山から卒業のために、モットンを試してみてはいかがでしょうか?




 

PS.槍ヶ岳に登るなら事前のトレーニングが必要、トレーニングはジョギングがオススメです

Sponsored Link