大阪で紅葉と言えば、箕面の滝の紅葉が有名。紅葉の季節、行ってきました箕面の滝へ。箕面の紅葉、混雑を避けるのなら午前9時箕面駅で丁度よいくらいかもしれません。

 大阪で箕面と言えば、有名なのは箕面の滝の紅葉。管理人は紅葉の季節以外に何度か行っている箕面の滝。実は初めて紅葉の季節に箕面の滝に行ってきたので、その体験記録。あんなに混んでいた箕面の滝は初めて見ました+もみじの天ぷらが各店ともに売り切れなのは驚いた!

                          Sponsored Link

箕面駅10時出発でも既に駅は混雑

 箕面の滝の紅葉、アクセスがよいのが一番の魅力。梅田から阪急宝塚線で、石橋駅乗換で30分くらい。梅田から約30分で紅葉の名所があるなんで、考えてみれば非常に贅沢な立地です。

箕面の滝のアクセス詳細はコチラ

 今回管理人は10時少し前に箕面駅に到着。しかし既に石橋駅の箕面線への乗り換えから、結構な混雑が。石橋駅で無事に座ることができましたが、箕面線通勤ラッシュ以外でもこんなに混むのね・・・、とちょっと驚きました。
 そして箕面駅の改札を出ると、もうそこは結構な人だかり。駅前のコンビニは飲み物や食べ物買う人ですでにレジは長蛇の列。カキ入れ時ですなぁ、と思いつつも、10時前でこの混雑に驚き。梅田から近いというのも、実は考え物?ノンビリ紅葉を楽しもうと思ったら9時くらいに箕面駅集合でないと厳しいと思いました、正直。

箕面の滝までは約40~50分、紅葉を楽しみながらノンビリ歩くことができます

 箕面の滝自体は過去数度行ってますが、バッチリ紅葉の季節は初めて行きました。箕面駅から箕面の滝まで約40~50分の道のり、ハイキング姿の方もおられましたが、道は舗装されているので運動靴で充分行けますね。
 箕面の滝までの道すがら、各所に紅葉のキレイな場所があります。そんな所で立ち止まって写真を撮りながら・・・、というのが理想ですが、10時出発でも立ち止まると、後ろからの人でぶつかりそうに。イヤこれは大変だわ。やっぱりノンビリ紅葉楽しんで、尚且つ写真も撮ろうとしたら箕面駅9時出発だな。管理人、そんなに写真を撮る方ではないので、歩きながら目で楽しむくらいで充分ですが、写真撮りたい方はホント早めの出発をお勧めします。何せ道が狭い場所は、タマに渋滞するくらいでしたから。

Sponsored Link

何ともみじの天ぷらは殆ど売り切れだった

 箕面の滝が混んでいるのは予想通りだったし、毎回滝の辺りは結構混んでいるので、特別な驚きは無し。滝の辺りで写真撮って、滝の辺りをブラブラしてから、再び同じ道で岐路に。当然、帰りは行きよりも道は混んでました。9時箕面駅出発は無理でも、箕面駅出発は午前中にしておいてよかった、と痛感。
 そーだ、帰り道にもみじの天ぷらでも買って帰るか、と思っていましたが、ここで予想外の展開が。
 もみじの天ぷら、殆どの店で売り切れ!13時前に道すがら店を見たのですが、殆どの店が売り切れ。目の前でもみじの天ぷらあげている店も何店かありましたが、「売り切れました」との張り紙付。今作っているのは何だろ?うーむ、まとめてあげて後で販売するのか?ここは謎。どーしても本気でもみじの天ぷらが食べたい、という訳ではなかったのと、他の季節はどの時間でも普通に置いてあるので、また今度でいいや、と思ったのとで、深く探してはいませんが、とりあえずチラと除いた店は13時前は殆どの店でもみじの天ぷらが売り切れでした。紅葉の季節、もみじの天ぷらを食したい+お土産にしたい方は、箕面の滝に行く途中で先に買っておいた方がよさそうです。

2014箕面 紅葉
随分久しぶりに行った箕面の滝、紅葉とのコントラストがきれい

箕面駅横の足湯も結構混んでいた

 紅葉の季節、箕面駅の周辺は日中は大変混雑します。実は帰りに、箕面駅横の足湯に寄って帰ろうかとも思っていましたが、足湯も人だかりが・・・。いつもはすいてるんですけどね。しかしさすが、箕面と言えば紅葉というだけのことはあります。見事な混雑ぶりでした。お店としては、この時期に稼がないと、ということでしょうけど、他の季節のあまり混んでない姿しか見ていないので、ちょっと驚きでした。

 けど紅葉は十分楽しめました。箕面の滝も、何年かぶりに見ることができて大満足。9時出発がよさそうだ、とか書きながらも、10時出発だったので、混み具合もまだ許容範囲だったので、ストレスなく紅葉が楽しめました。
 箕面での紅葉、ノンビリ楽しもうと思ったら9時頃箕面駅集合がオススメです。9時が無理でも、午前中10時頃までに出発するのがよいですよ。箕面への紅葉観光を計画されている方がおられれば、ご参考までにどうぞ。

Sponsored Link