登山の準備の際、持ち物チェックリストを元にパッキングされる方も多いのでは?最近ではアウトドアショップで無料で登山の際の持ち物リストを配布している店もあります。

 どんなリストでも基本的なモノはあまり変わりありませんが、管理人のオリジナルの登山の持ち物チェックリストを作成してみました。

 他のリストと合わせてご覧いただくことで、それぞれの持ち物の意味合いもより分かります。

 登山の持ち物、特にアクシデントが発生した際に必要物の有無が生死を分けることもあるので、普段は使わないから持って行かない、ではなく、必ず持って山に行くようにしたいものですね。

Sponsored Link

①衣類

・帽子→紫外線防止や熱射病防止に必要。強風で帽子が飛ばされることあるため、紐等で飛ばないような一工夫が欲しい。

・長袖シャツ→いわゆる山シャツと言われる、速乾性のシャツを着用したい。丈夫なので一度購入すると数年間は着用可能なので、チャント設備投資したい一品。
・半袖シャツ→同上

・ズボン→ロングパンツが主流だが、タイツや長い靴下を着用してのショートパンツも利用可能。実はジャージは優れた登山用ズボン。ジャージでもOK。

・ソックス→ウールが主流、登山用のソックスを着用すること。長い靴下と短い靴下を2枚重ねて管理人ははいています。

・登山靴→ハイカットのトレッキングシューズがオススメ。
(関連記事:登山靴の選び方、何はともあれハイカットがおすすめ

・下着→快適な登山のためには速乾性の下着は必要不可欠。しかし案外知らない人が多い。真夏の現場作業や農作業等にも活躍するので、1セットあると大変重宝します。
(関連記事:登山の服装、パンツこそ速乾性に!

・リュック(ザック)→行く山のレベルに応じて選ぶこと。40L程度のザックがあれば、縦走登山を除けば、ほぼオールマイティーに対応できる。

・防寒着→真冬を除けばフリース1枚持って行けばOK。

・レインウェア→必ず登山用のものを用意すること。ゴアテックスのモノが理想的ではあります。登山用品で一番ピンキリのある世界。

・着替え→下着・靴下やシャツ類は必要不可欠。帰りの電車用でも着れるようなモノを容易しておくと荷物が増えずに便利。

・タオル→通常のコットンタオルで十分。意外なところでは手ぬぐいがかさばらず、便利。手ぬぐいを愛用している登山家も少なからず存在している。

・予備の靴紐→必ず用意しておきたい品。滅多に使うことはないものの、登山靴の紐が切れると、バランスが不安定になり危険。

・スパッツ→雪山では必要不可欠。しかし夏山でも小石等が靴に入らないようにするのに役立つので、夏山でも利用している登山家も多い。管理人は冬しか使いませんが。

・サングラス→紫外線から目を守ります。特に雪で下からの照り返しがある冬は必需品。

②行動用品

・登山計画書→登山は事前の準備が必要不可欠。日帰りのトレッキングといった軽登山以外は、登山計画書を作成してかならず事前にコース状況等を確認すること。遭難した時の探索の手がかりに必要不可欠。

・地図→登ろうとする山の地図は必要不可欠。エアリアもしくは国土地理院の2.5万分の1or5万分の1の地図がオススメ。

・コンパス→必ず磁石式のコンパスを持参すること。スマホや時計のコンパスは電池切れのリスクがある。

・時計→日常利用の高級時計は登山の厳しい環境で故障のリスクがあるのでNG。高度計等が付いている登山用がオススメだが、通常のもので問題なし。

・ザックカバー→雨対策に必要不可欠。ザックの購入時に必ず一緒に購入し、毎回常備すること。

・ヘッドランプ→現在はLEDタイプが主流。日帰りでも、遭難対策で持参すること。予備の電池も用意する。

・テント→テント泊登山の必需品、ポールやペグ等の付属品も忘れないように気をつけたい。

Sponsored Link

③生活用品

・水筒→一人2リットルは水を持参のこと、特に夏は水分補給が必要不可欠、多めの水を持参したい。ペットボトルでもよいが、破損リスクを考えると、水筒もしくはポリタンクを用意したい。

・食料→日持ちのするモノを持っていくこと。日帰り登山でこだわりがなければ、カロリーメイトでも十分。

・ガス→バーナーとガスのセットがあれば、熱湯が沸かせるので、山でコーヒー等で一服できるので重宝する。遭難対策用にもなるので、日帰りの際も持参したい。

・トイレットペーパー→トイレ以外にもティッシュ、キッチンペーパー等、利用シーンは多い。宿泊を伴う登山の必需品。

・ウェットティッシュ→食事の際に手をふく等、あると非常に便利。日常生活同様、あると生活が便利になる一品。

・ビニール袋→ゴミをまとめるという基本的な使い方から、雨対策まで、非常に用途が広い。少し多めに持っていくと、何かと重宝する。

・ナイフ→実際にあまり利用する機会は少ないものの、イザと言う時にロープを切る等で利用する。

・日焼け止め→男女問わず日焼け止めは必需品。山の紫外線は思った以上に強い

・メモ帳と筆記用具→行動記録用を取る等、ノック式ボールペンと小さいメモ帳が1冊あれば十分。

・保険証→もしもの際に登山先で病院に行く際に必要。

・お金→行き帰りの電車賃や打上げ代等。登山用の財布を1つ用意すると何かと便利。

・ファーストエイドセット→登山用品店で緊急時に必要とされる品物一式をまとめて販売されているので、必ず購入し持参すること。イザという時の生死を分けます。

・薬品等→絆創膏、傷薬、胃腸薬、包帯、湿布を用意すること。また常用の薬があれば、常用薬も必要。山で捻挫することが多いので、包帯と湿布は必需品。薬類は使用期限があるので定期的に確認が必要。

・スマホ・携帯電話→電池の持ちが悪い時は予備電池も持参したい。

・非常食→カロリーメイトや板チョコ等、カロリーが取れるものを2品程度持参のこと。人間は水と最低限の食料があれば、空腹でも2週間は生きることができます。


登山に忘れ物は禁物、事前のチェックが重要です

まとめ

 登山の難度によって、上記の中で取捨選択の必要はあります。山に持って行く装備を選ぶ際に重要なのは、重量と必要性のバランスとなります。絶対必要とされるモノはどんな登山であっても持参の必要がありますが、あれば便利なモノは、登山の難度と重量等を総合的に考えて判断する必要があります。少なくとも、あったら便利なモノが多すぎて、荷物が重くなりバテてしまった・・・、何てことにならないように注意しましょう。

 登山に必要不可欠な様々な荷物、忘れ物などせぬよう、事前の準備は入念に行いたいものですね。

登山道具の関連記事
登山用品の買い方、高い製品がよいという、当たり前の事実が重要

アウトドア用品店の会員特典を調べてみた

Sponsored Link