登山道具を購入するのにお世話になるアウトドア用品店。正直、登山道具は高いですし、高いものを買うと結構長持ちするので、最初の投資が長く登山を続けるための決め手にもなります。

 この登山用品いいけどチト高いな・・・、そんな時に思い出したいのがアウトドア用品店の会員特典。実はアウトドア用品店は会員特典が結構充実しています。最終的にどの店で買っても同じモノを買うことになることの多い登山用品、そうであれば各アウトドア用品店の会員特典を知ってお得に登山用品を購入してみませんか?

                          Sponsored Link

財布の中にアウトドア用品店の会員カードが溜っていた

 以前ふと財布に溜ったレシートを取りだした際、そーいえば随分カードが増えたな、と思いカードの整理をしたことがあります。銀行やクレジットカードはそのまま入れておくとして、ツタヤのカード、図書館のカード、本屋のカード・・・、とやっていたら、実はアウトドア用品店のカードが種類が一番多かった、という事実に管理人笑ってしまいました。
 確かにアウトドア用品店は行きますが、そんなにモノ買わないって。なにせ登山用品、一度買ったらそう買い替えることないし。まぁ、しかし溜めたもんだわ、これは。

 けどフト思い出したのは、アウトドア用品店って、カード会員特典が結構充実してるよね、ということ。

 そんな訳で、自分の備忘録兼ねて各アウトドア用品店の会員特典を調べてみました。

ICI石井スポーツ

 管理人が一番登山用品買っているお店ですね、間違いなく。GORE-TEXのカッパからザックから何から何まで、基本的には石井スポーツで買いました。

 石井スポーツの会員特典は、会員カードを提示すると5%割引。

 当然会員カードは無料で即日発行可能です。管理人も石井スポーツの会員カード、相当お世話になっています。

 石井スポーツは地図読み等の講座を店舗で行っており、会員は無料で受講可能です。地図読み等の登山ノウハウ、学生の頃に部活やサークルで学ばないと、なかなか習う機会が無いので、社会人になってからの登山デビューされた方や、シニアで登山に再復帰された方は一度受講をオススメします。

好日山荘

 一時、全国にブワーッと出店していましたが、あれで採算とれるのか・・・、と他人事ながら心配していましたが、気が付けば随分店舗数も少なくなりました。好日山荘でも結構登山用品買ってます。今の登山靴、好日じゃなかったかな、買ったの。
 
 好日山荘は会員カードの提示で購入代金の3%がポイントとなります。更に誕生月は2倍の6%がポイントに。

 石井スポーツも好日山荘もよく行く(行った?)管理人ですが、石井スポーツは5%割引-好日は3%のポイント。どうしても、石井スポーツで買ってしまうんです、これを比べると。

 けど特典の差を考えないと、管理人は好日山荘も結構好きですよ。

モンベル

 実は管理人、モンベルで登山用品殆ど買ったことありません。何せモンベルが出店始めたの、ここ最近ですから。既に登山道具一式揃ってるし。けど、お店はブラブラするの結構好きです。結構カジュアルな感じの品ぞろえですが、何気に山スキーの道具が豊富に置いてあったりして(もう山スキーは随分前に卒業しましたが)、見てるだけで楽しめます。

 モンベルの会員特典は会員の継続年数に応じて購入額の5~9%のポイントを付与。

 初年度のポイントは5%、2年目からは6%、5年目からは7%。そして20年目に入るかor累計購入額が100万円以上になると最高の9%のポイント会員に。年会費1,500円をどう考えるか、ここがポイントですね。

 モンベルは提携の山小屋があって、会員になっていると提携施設で割引が受けられます。そう考えれば、頻繁に山に行く機会のある方にとっては、必携の会員カードと言えます。

Sponsored Link

アウトドアブランドの服、アウトドア用品店の方が安いケースも

 THE NORTH FACE等のアウトドアブランドのシャツ等、ここ最近は普通の街のお店でも頻繁に見かけるようになりましたが、以前は基本的にはアウトドア用品店にしかありませんでした。MIRRETのザックも同じですね。

 以前ほどではないにしても、よく見てみると、街の普通の店で買うより、アウトドア用品店でアウトドアブランドのモノを買った方が遥かに安い、ということが未だにあります。そこにポイントを加えたらどうなるか・・・。

 アウトドアブランドのシャツ等、さすが山で使うことが前提になっているので、相当丈夫です。それなりの値段がしますが、物持ちはいいので最終的にはペイすることが多いです。

 そーいや管理人の山の友人、スキー行くのにスキーウェアじゃなくて、THE NORTH FACEのGORE-TEXのカッパで滑ってたな。これがなかなかカッコよくて、なんだこれならスキーウェアいらんな、と思ったものです。(スキーの腕前は普通)

 案外アウトドアショップのシャツや着る物、日常でも使えることがありますよ、ホント。

まとめ

 アウトドア用品店天国といえば東京の神田界隈ですね。管理人、神田界隈のアウトドア用品店をブラブラとしたものです。見てるだけで、ホント充分楽しめるのだから、不思議なものです。

 登山用品、全般的に投資額が高くつきますが、それは自分の身体を守るためでもあるので、それは必要経費。けどそんな必要経費でも少しでも安くしようと思えば、各アウトドア用品店が発行している会員カードを利用するのが一番の早道。
 そんな訳で「ICI石井スポーツ」、「好日山荘」、「モンベル」といった、アウトドア用品チェーン店の会員特典を調べてみました。

 最近はヨドバシカメラでも登山用品やアウトドア用品を扱い始めていますが、やはりアウトドア用品店には独特のよさがあります。特に靴を買う場合は、アウトドア用品店は欠かせません。(登山靴の選び方は下記をどうぞ)

関連記事:登山靴の選び方、何はともあれハイカットがおすすめ

 アウトドア用品店の会員サービスも知って、賢く登山道具の購入をしたいものですね。

<関連記事>
登山用品の買い方、安い製品より高い製品がよいという、当たり前の事実が結構重要なのだ

Sponsored Link