未だに続編への期待が高い「半沢直樹」。しかし残念ながら「半沢直樹」続編は2~3年後になりそうです。「週刊新潮」10/9号が報じています。どうやら気長に待つしかなさそうです。

 原作はまだ話が継続しているし、視聴者から続編放送の期待も非常に高い「半沢直樹」。いつ続編の決定がなされるか、首を長くして待っているファンの方も多いハズ。しかし待てど暮らせど吉報はとどかず、遂に堺雅人さんは「リーガルハイ」の特番にさらわれてしまう格好に。

「続編が決まらない半沢直樹、リーガルハイの勝ちかもしれない」
http://okiraku-news.net/2014/09/25/hanzawa-regal/

 「半沢直樹」の続編どーなってしまうのやら、と思っていたら、「週刊新潮」10/9号が「半沢直樹」の続編は2~3年先と報じています。どうやら気長に待つしかなさそうです。

                          Sponsored Link

堺雅人さんのスケジュール的な問題が

 「半沢直樹」の主演の堺雅人さん、2016年の大河ドラマ「真田丸」の主演が決定しているのは、以前当サイトでも記事にしていますが、やはり堺さんの2016年問題が非常に大きいようです。

「堺雅人が大河ドラマ「真田丸」の主演キャストに決定、「半沢直樹」続編時期を予想」
http://okiraku-news.net/2014/06/18/sakai-taiga-hanzawa/

 じゃあ、2015年内に「半沢直樹」続編を制作・放送すればいいじゃないか、と外野の管理人は思っていた訳ですが、この辺りの真相は分かりません。

実は、今秋のクールでも『半沢』の続編について交渉していました。(TBS関係者)

 なぜこの秋の話が実現しなかったのか、そこは「週刊新潮」でも明らかにされていませんが、どうやらこの秋の話は流れてしまったようです。

(大河ドラマの)撮影は来年夏から始まり、ほぼ1年間拘束されます。堺には、その後も映画の仕事が入っており、次に彼のスケジュールが空くのは2~3年先と言われている。(民放幹部)

 
 大河ドラマでの拘束は素人でも分かりますが、その後に堺さんは映画の仕事が入っているようです。確かに「半沢直樹」で大ブレイクした堺さんですが、「半沢直樹」の前は映画に結構出演されてました。奥さんの菅野美穂さんとの出会いも映画の共演でしたね、そーいえば。

気長に待つしかなさそうです

『半沢』は堺をおいて成立しません。ならば2年でも3年でも待つべきでしょう。堺側にも、TBSだけでなく視聴者からも望まれ、満を持して登場したいという思惑があるのかもしれませんしね。(芸術評論家の肥留間正明氏)

 視聴者からも望まれ、満を持して登場したいという思惑、はちょっと考え過ぎのような気もしますが、どんなもんでしょ。ただし、あれだけ世間を騒がせた「半沢直樹」、ハイそうですか、と簡単に続編を出してズッこけてしまうリスクを考えると、続編も同じくらいの話題作にするため、機を熟するのを待つ、というのは選択肢としては確かにあるよなぁ、と思います。

 何はともあれファンとしては、「半沢直樹」の続編、首を長くして待つしかなさそうです。

 DVD-BOXをサクット買って続編を待ちながらDVDを見直すというのもありかもしれません。

 もしくは先に続編の原作本を読んで待つか。

 「半沢直樹」続編、放送は2017年か2018年か?大河ドラマ「真田丸」で熱演の堺雅人が「半沢直樹」で帰ってきた!、確かに話題性抜群でありだよなぁ。やはり気長に待つしかなさそうですね。

Sponsored Link