鶏肉問題以降マクドナルドの凋落が止まらないようです。起死回生で投入した、妖怪ウォッチのハッピーセット。果たして妖怪ウォッチの活躍でマクドナルドの業績回復はなるのか?注目です。

 中国の鶏肉問題以降、マクドナルドの凋落が止まらないようです。ある意味、マクドナルド側も被害者の面があるとは言え、外食産業としては致命的ともいえるミス。客足減少が止まらないようですが、起死回生としてマクドナルドは9月5日から妖怪ウォッチのハッピーセットを投入。果たして妖怪ウォッチはマクドナルドの救世主(救世妖怪?)になるのか。9月の既存店売上は注目です。

                          Sponsored Link

8月の既存店売上は前年同月比▲25%減、そんな中で妖怪ウォッチのハッピーセットを投入

 鶏肉問題以降、マクドナルドの客足が遠のいていますが、8月もその傾向は変わらないようです。日本マクドナルドHDが発表した、8月の既存店売上は前年同月比▲25%減。シンドイ状況が続いています。ちなみに既存店売上は7ヵ月連続減少のようで、実は鶏肉事件発生前から、前年比で売上が減少しており、実はマクドナルド不調の根は深いような気もします。
 
 そんな中でマクドナルドは9月5日に妖怪ウォッチとアイカツのハッピーセットを発売。久しく見なかった行列がマクドナルドに出来ている、と一部で話題になっていました。

よく行くマクドナルドは9月6日(土)もすいていた

 管理人がよく行くマクドナルド。それこそ、ここ数年行っています。昼飯にハンバーガーも食べますし、コーヒー飲んで一休みすることもシバシバ(当サイトの記事も、いくつかはそのマクドナルドで書いています)。
 妖怪ウォッチの話はあとで知ったのですが、9月6日(土)タマタマそのマクドナルドに行きました。で、驚いたのは、昼でも何の問題なく座れたこと。お昼の12時頃行ったのですが、何の問題もなく座れました。以前はその店、土曜の昼はとてもじゃないですが、座る場所はとれなかったので、実は結構驚き。その後、ハンバーガー食べながら、他の席も見てましたが、案外空席も目立ちました。以前の昼時の激混みの姿を知っているので、驚きでした。やはり鶏肉事件の影響か・・・。
 妖怪ウォッチのハッピーセットの投入が9月5日(金)。と言うことは管理人が行った、9月6日(土)は既に妖怪ウォッチのハッピーセット投入後だったのですが、投入翌日はまだその店に限って言えば、妖怪ウォッチの効果はあまり表れていなかったようです。

果たしてマクドナルドは復活するのか?

 ファミリー向けじゃなくなった、狭くなった、メニューがイマイチ等、色々言われているマクドナルドですが、とは言っても、手軽にランチが取れて、コーヒー飲んで一休みするには、管理人としては欠かせないお店。苦しくなりつつある状況下で鶏肉事件が発生して、泣きっ面に蜂状態のように感じていますが、何とか頑張って欲しいものです。
 頻繁に行く訳ではなりませんが、それでもコンスタントに行っているマクドナルド。寂しい報道が続いていますが、頑張って欲しいと思います。

Sponsored Link