性能の良い小型スピーカーとして雑誌で紹介されていたEWA「A106」を購入。お値段約2,000円。

値段的にそんなに期待していなかった部分もありましたが、2,000円のスピーカーとは思えない音で、雑誌の評価に納得。安っぽい音がしません。ZARDの坂井泉水の声の響き方に軽い感動を覚えたくらい。

小型スピーカーを馬鹿にしていませんか?もし簡単に使える小型スピーカーをお探しなら、EWA「A106」がオススメです。

Sponsored Link

酒が入るとJ-POPが聞きたくなる

以前からお酒飲むとJ-POPが聞きたくなります。飲みに行って、帰りの電車でJ-POP聞いていると至福のひと時を得られます。新幹線で出張の帰りに缶ビール飲みながらJ-POPを聞く時間は、管理人にとっては欠かせない時間です。

J-POPといっても最近のはあんまり知らなくて、ミスチルとかコブクロとか広瀬香美等々、もう懐メロに片足突っ込んでいるアーティストの曲が多いのですが、聞いていた時代を振り返りながら聞くJ-POPは悪くないです。

そんな中で、タマに家でJ-POPを聞く時は、数年前にミニコンポが壊れてからはiPhoneのスピーカーから直接聞いています。そんなにオーディオマニアではありませんが、それでもiPhoneのスピーカーって音を出す最低限の機能だね・・・、という状態で、小型スピーカー買うかな、と思っていました。

そんな中で雑誌で発見した小型スピーカーがEWA「A106」。お値段約2,000円でBOSEのスピーカー並?ほんまかいな、と思いつつ2,000円なら失敗しても諦められるので、迷うことなくAmazonでポチしましたとさ。


デザイン的にも気に入ったEWA「A106」

第一印象はとにかく小さい!

Amazonから届けられたA106を見た第一印象は、小さい!、というもの。

500円玉を一回り大きくして20枚重ねると、多分A106と同等のサイズになります。オイこんなスピーカーで大丈夫かよ、と正直心配にも・・・。

箱の中には、
・本体
・電源ケーブル
・外出用カバー
・説明書

の4点が入っています。

電源ケーブルは入っていますが、コンセントの差込口は入っていません。よって充電する時は、iPhoneの電源等の差込口を別途持ってきて繋いで充電する必要があります。

外出用カバーが明るい緑色で案外オシャレですが、管理人は外で使わないから、多分タンスの肥やしです・・・。

そしてホント簡単なペラ1枚の英語のみの説明書が入っています。コレ読める人、殆どいないと思われます・・・。ついでに字がえらく小さい、老眼鏡や虫眼鏡必要かもしれません。。。


EWA「A106」はこんな箱でやってきます

安っぽい音がしない、コスパ抜群のスピーカー

開封して、最初にするべきなのは充電。いつも利用しているiPhoneの充電用の差込口を持ってきて、付属のコードに接続して空いている時間に充電。1回完全に充電すると4時間は稼働するそうな(雑誌に書いてあった)。

実は30分くらい充電して、そろそろいいかな、と思い充電させたまま電源ボタンを押しても、ウンともスンとも言わず・・・。いきなりやられたか、と思いましたが、充電のコード外したら電源入りました。その後は充電しながらでも電源入ったのですが、一番最初に電源入れる時は、充電のケーブルを本体から外してから入れる事。知らないと結構焦ります、マジで。

電源が入ればあとは簡単で、iPhone(他の携帯でも操作は一緒)の側でBluetoothの接続機能を機動させるとA106を探して繋いでくれます。Bluetoothが繋がったのを確認したら、後はiPhone側から音楽を流すだけ。ではイザ!

おーこれはいいんじゃないか。

何はともあれ安いスピーカー特有の安っぽい音がしません。それだけで充分A106の良さが表現できるのではないかと、何せ約2,000円のスピーカーですから。そりゃ上を見ればキリがありませんが、家でお酒飲んでJ-POP聞く程度なら充分過ぎる音質です(ホントはミニコンポ欲しい?)。

小型過ぎる割には低音も程よく響きます。その昔、家電量販店でバイトしていてミニコンポ売り場担当してましたが、その時によく重低音の確認するのに使っていた広瀬香美の曲聞いてみましたが、悪くないです。またZARDの坂井泉水の声の響き方を聞いて、こりゃ間違いないな、と思いました。

安いスピーカーだと重低音は響かないし、普通の音は軽すぎますが(ラジオのスピーカーのイメージ)、A106は全く違っていて充分大人のスピーカーの音がします。お酒飲んだあと、机の上にチョコンとA106を置いてJ-POPを聞けば、至福の時間の始まり始まりー。

気に入りました、いい買い物したと思います。

Sponsored Link

A106の不満な点

いい買い物した、と思う小型スピーカーA106ですが、敢えて不満点を記してみます。

・PCに接続できない
・起動時と電源を切る時の音が大きい

こんなところです。A106はBluetoothで接続するので、Bluetooth接続モジュールの入っていないPCは接続できません。別途接続用のモジュールを購入する必要があります(700円程度)。管理人はPCを3台持っていますが、いずれもBluetooth対応しておらず、接続できませんでした。別にA106は悪くありませんが、PCとコードで接続できたら便利だよなー、とは思います。

あとA106は起動時と電源を切る時に、ポロン、という音がするのですが、この音結構デカイです。当然、小さくできません。。。

その他、A106側でボリュームのコントロールできなかったりしますが、イヤホンで音楽聞くときにiPhone側でボリュームコントロールするのと一緒で、管理人的には特にストレスは感じませんが、念のために記しておきます。

手軽に音楽をiPhoneや携帯端末で聞く!、という観点では2,000円で非常に満足できるスピーカーです。オーディオメーカーも商売あがったりだよなぁ、とその昔家電量販店でミニコンポ売るバイトしていた管理人は思うのでありました。

まとめ

雑誌で評価の高かった小型スピーカーEWA「A106」、確かに評価の高い理由が分かる一品でした。

購入後、暇な空き時間にA106でJ-POP聞くようになり、その昔の学生時代みたいになっています。

そりゃミニコンポ並みの音質を求めるのは酷ですが、小型のスピーカーの安っぽい音がしないA106、充分買いに値する一品です。もし小型スピーカー探しているようなら、オススメです。迷っているなら、とりあえず買ってしまっても大丈夫(約2,000円だし)。

A106購入後、久しぶりに音楽のある時間を過ごすことが多くなりました。その点からもA106買って正解だったと思います。

小型スピーカーEWA「A106」、思った以上に良い買い物になりました。オススメです。

当記事の関連記事
パソコンのノイズ対策、iBUFFALO USBオーディオ変換ケーブル(BSHSAU01BK)で悩みが解消

自作PCのKT-CUBE-ITX01の電源をKRPW-SX400W/90+に交換時のメモ

Sponsored Link