遂に衆議院が解散。12月14日が選挙の予定。しかし何故安倍総理は2014年のこの時期に解散?どうも分からないことの多い今回の衆議院解散、分かりやすく説明できるかやってみます。

 消費税を10%に増税するかどうか、から一転、急に浮上した衆議院解散。遂に本当に衆議院が解散となりました。衆院選は12月14日が投票日の予定。2週間前は解散の「か」の字も殆ど聞こえませんでしたが、急転直下の衆議院解散。いったいなぜ解散?当然、頭のよい方々が考えた結論なので、色々と理由はおありでしょうが、管理人が独自の視点で考えてみました。分かりやすく説明できるかトライしてみます。分かりにくくても、笑って許してください。

14.11.21選挙
さあ選挙の季節の始まり始まりー

                          Sponsored Link

①消費税を上げない理由作り

 正直な所、筋論的にまーったく通っていませんが、消費税を10%に上げないための解散、と言えるのでは。素直に安倍総理が、経済情勢がよくないので消費税10%増税は延期します以上、で終わらすことができれば、一番よいのですが、財務省を筆頭に自民党も実は増税派の方が沢山おられます。その辺りをうまく収める、要は面倒なことをおこさせないための、解散総選挙と言えるのではないかと。
 仮に、消費税増税延期です以上、とすると、各方面から様々な意見が飛び出し、収拾がつかなくなる可能性が。下手すると安倍総理自身の身も危ない?上げれば上げるで、日本は経済的にメロメロになる可能性があり、さりとてそのまま延期では安倍総理周辺の収拾がつかなくなる、ということであれば解散してしまえー、ということ?
 目論み通り、消費税延期についての反対意見、どっかに消えてしまいましたね。ゴリゴリの増税派自民党の野田政調会長に至っては、官邸からの公認しないようにという圧力まであって、少なくとも安倍総理の周辺は穏やかに。財務省は不満タラタラと思われますが、政治家の先生方が選挙モードになっては、どうにもなりません。

「自民党の野田毅議員が落選の危機?消費税増税で突っ走りすぎ、官邸がお怒りのようです」
http://okiraku-news.net/2014/11/18/t-noda/

 かくして、消費税増税の決定をしても、延期の決定をしても、ゴタゴタする可能性大でしたが、解散することでそのゴタゴタを見事に回避した、ということになるのでは?イヤハヤ、安倍総理(というより菅官房長官?)の見事なシナリオ、ということになりそうな。

Sponsored Link

②自民党が負けないタイミングとしては最後のタイミング?

 先日発表された7から9月のGDPが見事にマイナスで、日本経済は成長どころか実は失速中、ということが明らかに。4~6月に比べるとマイナス幅が小さくなっている、という議論もありますが、皆が夏からV字回復するってズーット言っていた訳で、それが見事に大外れ。
 今後の日本の景気、どうなるか分かりませんが、少なくとも急によくなる、とは実感として思えないですね。円安だって、当初はウェルカムと言っていた新聞が、今や円安倒産を心配する状況。下手をすると今後、日本の経済はズルズルと後退する可能性も。
 今後景気がよくなることはない、という前提を取れば、このまま低空飛行or下落基調。仮に景気が悪化した場合、その景気の状態で総選挙を迎えることになります。そうなるとどう考えたって、政権与党の自民党が不利。
 であれば、今の段階で解散したほうがリスクは少ない、と考えるのは道理ですね。ちょうど消費税増税延期の判断もあって、実は自民党にとってはこのタイミングでの解散、負けない選挙という意味で、タイミング的にはベストタイミングだった可能性が。ちょうど安倍内閣の麻生財務大臣が、自らが総理の際、リーマンショックが発生し、自身の判断では解散を打てず、任期満了で最悪のタイミングで選挙となり、自民党が大敗し野党転落、という教訓が生きているような気がします。

14.11.11政治家
全国の至る所で候補者の演説姿を見ることになりそうです

 管理人的には以上2点がこのタイミングでの衆議院解散そして選挙の理由ではないかなぁ、と思います。勝手な推測ですが。

 未だ民主党アレルギーの抜けていない中、民主党が勝つとも思えず、とはいっても前回の選挙は自民党が勝ちすぎたので、自民党は議席をどの程度維持できるか、というのが見どころではないかと。
 選挙前、野党再編の動きがさっそく出ていますが、果たして選挙後はどんな勢力図になっているのでしょうか?自民党の議席数、そして再編された野党がどんな勢力になっているのか、注目です。

11/25追記:アベノミクスについて日経新聞が分かりやすいデータを掲載していました

「アベノミクスは失敗か成功か?アベノミクス効果を日経新聞が分かりやすく解説していた」
http://okiraku-news.net/2014/11/25/abenomikusu/

12/15追記:衆院選の結果は安倍総理もまずまず満足の結果に

「衆院選2014選挙結果の速報、有力議員の落選と当選」
http://okiraku-news.net/2014/12/15/syuinsen2014-kekka/

Sponsored Link