元フジテレビアナウンサーの平井理央さん。今はフリーのアナウンサーとして活躍なかですが、平井理央さんの姉の真央さんは、博報堂出身のやり手社長のようです。ご存知でしたか? 

 元アイドル出身のアナウンサーとして、管理人もよく「すぽると!」でお姿を見ていた、平井理央さん。フジテレビを辞めてフリーとなった後も、「ぐるぐるナインティナイン」にレギュラーとして出演するなど活躍されています。

                          Sponsored Link

 そんな平井理央アナは独立した後は、お姉さんの真央さんの経営するマネジメント会社「deJaneiro」(デジャネイロ)に所属しています。そして、理央さんはその会社の取締役。なかなか興味深いですね。

 平井理央は以前記事を書いているので、そちらをご参考ください。
 「元フジテレビの平井理央アナは元アイドル、旦那の実家はお寺だった」
 http://okiraku-news.net/2014/04/04/hirairio/

 調べてみると、お姉さんの平井真央さんは、妹の理央さんとほぼ同じ経歴。学芸大附属の小学校、中学校、高校と進み、そして慶応大学入学。妹さんと同じというより、妹の理央さんがお姉さんの後を追いかけて行った、というのが正確な所と思われます。
 そして、慶応大学卒業後は博報堂に入社。姉は広告業界、そして妹はTV業界と、まさに姉妹揃って業界の人間になった訳ですね。

 その博報堂で、平井真央さんは敏腕広告マンとして鳴らしたそうです。その後、2011年に博報堂を退職。博報堂の退職後は、元博報堂社員で人気クリエイティブディレクターの箭内(やない)道彦氏の所属事務所の社長を務めるなど、博報堂後もその手腕を発揮。箭内道彦氏はNHK「トップランナー」の司会を務めたり(2008年~2010年)、東日本大震災後に結成された「猪苗代湖ズ」のバックアップを行い紅白出場に導く(箭内氏自身が福島県出身)など、業界内では知る人ぞ知る存在。その箭内氏の右腕として事務所を切り盛りしていた平井真央さんの実力も、業界内ではかなり有名だったそうです。

 なるほどー、これで平井理央アナのフジテレビからの独立の背景も多少分かったような気がしますし、「ぐるぐるナインティナイン」にレギュラーとして出演する経緯も分かってきたような。独立の際もお姉さんのプッシュというか後押しがあったと思われますし、独立後は得意の営業力を生かして、妹を各所に売り込みまくっていいるんでしょう。イヤハヤ大したものです。けどお姉さんの存在があるから、平井理央アナもフリーになった後も存分に仕事に集中できるんでしょうね。

 姉妹が両輪になって、業界で大活躍ですね。マネジメント事務所は、そんなに人数が必要な訳でもないので、姉妹で役割分担って、ある意味理想のかたちではないでしょうか。お互いが得意分野で支え合うというのは。

 敏腕女社長と妹のフリーアナウンサーが業界でどこまで活躍できるか、楽しみです。今後も平井真央・理央姉妹の活躍に期待です。

Sponsored Link