「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』は砂漠のキツネロンメルの生涯を知る事ができる一冊です。単なる軍事的な読み物としてだけではなく、組織の中で出征するためには、というビジネス書的な観点で読んでも面白いです。

新書で手軽にロンメルの出世とその苦労、またアフリカでの戦いの状況を知ることができます。

Sponsored Link

久しぶりに読んだ歴史本

本屋で立ち読みしていたら何気に目に入ったのが『「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』。最近めっきり本を読む時間がなくなりましたが、そーいえば砂漠の狐・ロンメルについてそんなに知らないな、と興味を持って購入。

歴史関係の本は基本的に大好きですが、以外にも組織人として偉くなっていく苦労話も垣間見え、なかなか面白い本だったのでご紹介まで。

砂漠の狐ロンメルの生涯を描いた一冊

本書は砂漠の狐ロンメル(以下、ロンメル)の生涯を描いた新書本です。ロンメルというとアフリカでの活躍が知られていますが、その生涯特に前半部分にも相応のページが割かれており、ロンメルがアフリカで活躍するに至るまでの歴史も見る事ができます。

ドイツの軍人としては傍流に生まれたロンメルが、なかなか出世できないものの、ヒットラーから目をかけられていくことで出世の階段を登る姿は、サラリーマン的な立場から見れば、役員に気に入れられて出世していく変わった奴といったところでしょうか。

グーデリアンやマンシュタインのようなドイツ陸軍の本流の人から見れば、確かに現場での経験と実力はあってもロンメルは傍流に違いなく、またトップとしての教育を受けなかったロンメルに対して、面倒なやっちゃなぁ、とやっかみ半分で思われていたのではないかと。

エリートバッカリでも組織はうまくいきませんが、とはいっても現場しか知らない一本釣り人事だけでも組織はうまく回らない訳で、ロンメルの出世物語に組織の難しさは古今東西一緒なのね・・・、と思わずにはおれません。

けど現場主義のロンメルが文書作成等のスタッフ仕事が大の苦手だったというのは、バリバリの営業マンが営業しかできなくて出世が止まるケースと重なります。現場は大切だけど偉くなるにはもう一つ超えないといけない壁がやはりあるのか、と妙に納得してしまいました。

歴史本だけではなくビジネス書的にも読める一冊

歴史マニアなので、アフリカ戦線等についても興味深く読めましたが、案外ビジネス書っぽく、ロンメルの出世物語としても面白く読めました。

ロンメルは最後、ヒトラーの暗殺計画に関与したとされ、服毒自殺を遂げますが、その最後の光景が本書のスタートとなる構成は、うまいなー、と思わずにはおれません。もうその最初のページを読んだだけで、買おう、と思ってしまいましたから。

軍事マニアには若干物足りないないようかもですが、そんなにマニアでなくてもビジネス書的に読むことができます。組織の中で出世するためには、ということを考えさせられる一冊でした。多少なりとも歴史好きなら、興味を持って読めるのではないでしょうか。

ドイツ軍の関連記事
書評『1918年最強ドイツ軍はなぜ敗れたのか』、第一次世界大戦時のドイツを知る一冊

各務原の航空宇宙博物館で飛燕を見た、銀色の機体が印象的

Sponsored Link