読売テレビ開局55年記念として、ドラマ「お家さん」が5/9(金)に放送されました。
 それに先立って、ドラマ「お家さん」のあらすじとキャストを調べてみました。「お家さん」のモデルは知る人ぞ知る、戦前の大商社 鈴木商店です。

 「お家さん」は戦前の日本屈指の貿易港・神戸の姿を知ることのできる、ドラマでもあります。

                          Sponsored Link

「お家さん」は戦前の大商社・鈴木商社の物語

 「お家さん」と聞いてピンときた人がいれば、その方は相当な歴史マニアですね。戦前の伝説の大商社、鈴木商店の女主人 鈴木よね。その存在は、これまた知る人ぞ知る存在。そして鈴木商店の大番頭として、鈴木商店を切り盛りした金子直吉。
 鈴木商店の物語は、城山三郎の小説「鼠」で、歴史マニアには知られた存在ですが、一般的にはそんなに知られてはいない存在。果たして、どんなドラマの展開なんでしょうか?

あらすじ

明治から昭和初期にかけての激動の時代、一軒の砂糖問屋を世界的総合商社に成長させた一人の女性と、彼女を支えた男が起こした日本経済史上奇跡の物語。
 神戸の砂糖問屋「鈴木商店」に嫁いだ鈴木よねは、保守的で厳しい考えの夫・岩治郎と衝突しながらも、子供を授かり商人の妻として、順調な生活を送っていた。
 しかし、夫の急死からよねの人生は一転・・・・・・。「お家さん」と呼ばれ、女主人として鈴木商店の頂点に立つことになる。彼女を支え、導いたのは、土佐の貧乏育ちから自力で這い上がってきた奉公人の金子直吉だ。あらゆる時代の波に翻弄されながらも、よねと直吉は鈴木商店を日本一の巨大商社へと成長させていく。

「お家さん」のキャスト

 お家さんこと、鈴木よね役に天海祐希さん、金子直吉役に小栗旬さん。ドラマは基本的にこの二人を中心に回って行きます。
 鈴木よねの旦那の鈴木岩治郎役は生瀬勝久さん、鈴木家の女中で岩治郎の隠し子を生むこととなる+金子直吉と恋仲にもなる、千役に相武紗季さん。また鈴木商店飛躍の影の主人公の後藤新平役に伊藤四郎さん。

 なかなかの豪華キャスト陣です。千というヒロインを登場させている所が、単なる経済ドラマでは終わらせない、心憎い演出では?

Sponsored Link

神戸舞台の楽しめるドラマ

 鈴木商店、と言われても、何のこっちゃ、という知る人ぞ知る存在ですが、戦前は三菱商事、三井物産に並ぶ規模を誇っていた商社。第一次大戦後の経済混乱の中で、肝心要のメインバンクがガタガタしたり、焼打ちにあったり等々の理由が重なり倒産してしまう訳ですが、鈴木商店を母体として今に至る企業は(一部を含む)、神戸製鋼、東レ、帝人、双日、太平洋セメント、サッポロビール等があり、その企業名から、当時の鈴木商店の権勢を今も感じることが多少はできます。

 こういった経済系のドラマは「半沢直樹」を作成したTBSに定評がありますが、読売テレビが作る経済ドラマはどんな感じになるのでしょうか?
 鈴木商店は神戸を本社に活躍した会社。港町神戸を再現したセットは注目です。ドラマ「華麗なる一族」も神戸が舞台(こちらは戦後の神戸)だったので、頭の中で「華麗なる一族」とシーンを比較してみると面白いかもしれません。

 女主人の鈴木よねと、大番頭 金子直吉を中心とする、鈴木商店の物語。歴史の物語として、事実を並べるだけでも十分面白い話となりますが、ドラマでどんな味付けがなされているか、そんな視点で見るとまた楽しめます。

 またTBSの経済ドラマと比べ、読売テレビがどんなテイストの経済ドラマを作るのか?、というのも興味深い所。カテゴリー的には、先日。トヨタ自動車をモデルにTBSが放送したドラマ「リーダーズ」に似ているのかもしれません。
 
 参考記事:TBSドラマ「LEADERS(リーダーズ)」のキャストとあらすじは?トヨタ自動車の物語です!
 http://okiraku-news.net/2014/03/18/tbsleaders/

 ドラマ「お家さん」、歴史マニアの管理人としては、非常に楽しく見ることの出来たドラマでした。

Sponsored Link