難波をブラブラ散歩した際、いつものように「ポケモンGO」とともに散歩してました。その昔は外国人観光客の姿が殆どなかった心斎橋の商店街も、今や世界中から観光客が押し寄せていて、時代は変わったよなぁ、と思わずにはおれません。

 そんな外国人観光客の姿を横目にしつつ、心斎橋から南下して難波まで商店街を歩きつつ「ポケモンGO」を散歩のお伴にしてみました。

                          Sponsored Link

2016年9月19日(月)心斎橋~難波の商店街で「ラフレシア」と「ブーバー」をゲット

 特にメモ等は取っていませんでしたが、お昼頃に40~50分かけて、「ポケモンGO」を片手に心斎橋から商店街を南下して難波まで歩いてみました。

 合計約20匹のポケモンをゲットしましたが、コンパンやビードル等の通常のポケモンが中心。ただ「ラフレシア」と「ブーバー」をゲット。両者ともに、難波の商店街出口付近でゲットしました。

 個人的には量というより「ラフレシア」と「ブーバー」をゲットできたのが嬉しかったです。

 実は9月初旬に難波を経由して、ピカチューの巣と言われた堺の大浜公園まで足を延ばして、コンパンばっかり捕まえた・・・、という悔しい思いをしているので、多少はリベンジできたような気がします。

 また時間があれば、「ポケモンGO」を片手に散歩してみようと思った、心斎橋から難波間の商店街巡りでした。

大阪での「ポケモンGO」の関連記事
ポケモンGO、2016年9月グランフロント大阪での成果

ポケモンGO、2016年9月堺大浜公園でピカチュウはゲットできず・・・

Sponsored Link