寒い季節にフト温泉に行きたいなぁ、と思った。けど時間もお金もない。こうなったら、昔に行った温泉を振り返って我慢してみよう。ということで作ってみました、人生でもう一度行ってみたい全国温泉ランキング!

 なかなか時間もお金も無いので温泉にも行けていませんが、「たけしの家庭の医学」で冷え性に効く温泉ランキング、を見て温泉に行きたくなってしまった管理人。山に登っていたこともあって、実は比較的各地の温泉に行っています。

参考記事:「たけしの家庭の医学」で冷え性に効く温泉ベスト5が発表
http://okiraku-news.net/2015/01/28/kateiigaku-onsen/

 まずは昔を振り返りながら、もう一度行ってみたい温泉ランキングを作ってみました。すぐには行けない温泉や、オーソドックス過ぎる温泉もありますが、実体験から作ったランキング、機会があれば一度どうぞ。

15.1.28露天風呂
実は全国各地の温泉に行きました

                          Sponsored Link

1位―高天原温泉(長野県)

 管理人的に、もう一度行きたい!、と言うことであれば、間違いなく1位は高天原温泉。
 北アルプスの雲ノ平の奥、高天原山荘のそばにあります。行くのに2泊は必要、無理すれば1泊で・・・、やめといたほうが無難です。(実は管理人、wikiではオススメされていない大東新道経由で行きました、スリル満点山の経験者以外、真似してはいけません)

 実はその昔、結構山屋だった管理人、1度だけ行きました。山で疲れた体を癒すには最適な温泉。入ればすぐ分かる、そのお湯の濃厚さ。色々な温泉入りましたが、濃厚さには驚いた記憶があります。浴槽には当然、湯の花がビッシリ。
 そしてお湯もさることながら、地上3,000m近く温泉から見る北アプルスの山脈の景色は最高と言わず何と言えばいいのか!北アルプスの山の上から温泉につかりながらみる風景、一度見たら病み付きになります。

 と、褒めるだけ褒めときますが、山の中級者以上でないとオススメできません。温泉の前に山の練習も必要と言う、ちょっとハードルの高い温泉ですが、人生で一回行くだけの価値はあります。高天原温泉の行き方、正直これだけで長文が書けます。これはまたの機会に。

15.1.29高天原温泉
人生でホントもう一回行ってみたいもんです

2位―草津温泉(群馬県)

 第2位は草津温泉、もうベタ過ぎますが、よかったんだから仕方ない。こちらも一度しか行っていませんが、一度行って、こりゃ体にいいわ、と思いました。
 温泉に入ってすぐ、このお湯きっついわぁ、とその酸性のお湯に驚きます。湯温もそれなりにあるので、長時間入るのは無理(実はすぐにのぼせます・・・)。ただ、草津温泉の入り方は、何度も繰り返し少しずつ入る、というのがセオリーなので、無理して長く入らなくてもOK。

 温泉入ると体が疲れる感じがする(お湯がきつい証拠と思われます)、何とも不思議な温泉でしたが、その疲れた感じの後、それまでの疲れが嘘のように無くなります。これはもう、体験しないと分かりません。泊りで温泉行って、帰った翌日、本当に疲れが取れたのには驚きました。

 温泉ベスト10、とかテレビで放送するとたいてい草津温泉が1位になりますが、その意味を行って初めて理解しました。疲れを取るという観点なら草津温泉、ナンバーワンと思います。

15.1.29草津温泉
草津温泉と言えば湯畑、雰囲気もナカナカです
草津温泉の詳しい場所はコチラからどうぞ

Sponsored Link

3位―有馬温泉(兵庫県)

 第3位は有馬温泉。2位の草津温泉に続き有名温泉。ここは管理人、それこそ両手の数は行ってます。ちなみに六甲山系を登山して歩いて行ったこともあります。
 茶色の塩からい温泉(金の湯)がじわーっと、体に効いてきます。草津温泉は一気に体に効く感じですが、こちらはじわーっと、体に効く感じ。

 大阪や神戸から日帰りで行けるという、非常にユニークな温泉地。宿泊施設も充実していますが、実は関西の他の温泉に比べ都市に近いためか、ブランドのためか、若干高め、というのも関西人には有名なお話。
 実はちょっと早めに現地に行って日帰りでノンビリするのが、一番有馬温泉をうまく楽しむ方法なのかもしれません。

15.1.28有馬温泉
実は日帰りの利用が一番かもしれない有馬温泉
有馬温泉の詳しい場所はコチラからどうぞ

 有馬温泉の気分を自宅でチャント味わうなら、コチラが有馬温泉の「金の湯」の入浴剤!

 ちなみに有馬温泉滞在記は下記をご覧ください。

関連記事:有馬温泉、兵衛向陽閣で温泉を堪能してきました

4位―久重温泉(大分県)

 第4位は久重温泉。大分県にあります、って大分といえば別府温泉じゃないんかい、という感もありますが、別府温泉はバスで通ったことしかありません。。。
 九重山に登った後に入りました。硫黄の香りがただよう温泉が、何とも体に効きそうでした。登山の後、体を癒すのに最適な温泉。

 有名温泉地のように、温泉地!、という感じではなく、鄙びた温泉地という感のある久住温泉。九重山の登山の記憶と硫黄の香りの記憶が鮮やかに蘇ります。

久住温泉の詳しい場所はコチラからどうぞ

5位―阿寒湖温泉(北海道)

 第5位は北海道の阿寒湖温泉。冬に行きました。もうここは体に効くとか効かないとかではなく、冬の景色が最高。温泉の前が凍った湖で、もうその光景を見た時は、本州ではまず見ることができない光景に圧倒されました。1位の高天原温泉とはまた違った意味で、景色的に極上の光景です。

 冬の釧路から、まだもう少し先ですが、晴れた時は最高の景色を見ることができます。

阿寒湖温泉の詳しい場所はコチラからどうぞ

 その他にも定山渓、熱海、白浜、城崎、湯原、新穂高等々振り返りましたが、インパクトの強さからは上記5温泉が管理人の中でのベスト5!当然他のご意見等あろうかと思いますが、管理人の独断と偏見で選びました。

15.1.29温泉マーク
下呂温泉、別府温泉、道後温泉等、まだ行ったことのない温泉も多いのですがご参考まで

 1位高天原温泉、5位阿寒湖温泉、そんなに簡単には行けない場所ではありますが、だからこそのベスト5入り。体に効く!、という観点では草津温泉がNo1で、別のランキングも作れそうですが、もう一回行きたい、という観点ではこんなベスト5。

 ちょっとマニアックであまり参考にならない?イエイエ、旅は想像力も大切。今後温泉旅行の計画があれば、ご参考にどうぞ。いずこの温泉も、ホントオススメできますよ。

Sponsored Link