兵庫県神戸市の中心街から少し外れたところに、湊山温泉という手軽に行ける温泉がある、と聞いたのは少し前。おーっ、これはいずれ行かねば・・・、と思いつつ、なかなか行く機会がありませんでしたが、遂に行ってきました湊山温泉。

 JR神戸駅からバスで15分、そんなところに手軽に行けて、源泉かけ流しの温泉があるとは驚き。山に近い街・神戸の恩恵を感じる温泉で、更に銭湯みたいな気楽さで行ける湊山温泉。マッサージ機も無料で利用出来て、極楽気分になって帰ってきました。

                          Sponsored Link

湊山温泉とは?

 神戸で温泉と言えば、有馬温泉!、です。これは間違いありません。管理人も日帰り含めて、何度も有馬温泉は行っています。そんな神戸に、湊山温泉という、街中からバスで15分ほどの所に銭湯っぽい温泉がある、と聞いたのは少し前。
 銭湯だったら何の不思議もないのですが、銭湯的な温泉?源泉かけ流しで、朝5時から営業、と聞けばこれはいずれ行くしかあるまい、と思っていました。

 そんな湊山温泉、実は2015年に一旦閉店しかけています。このご時世、温泉が出るとは言え、銭湯やっていくのは大変でしょうし、アクセスがバスと車しかない、となると簡単にお客さんも来ませんので。ただし、その後、静岡県の伊豆高原ビールが支援に名乗りを上げて、再度営業を開始して、現在に至っている様子。

 歴史的にはそんな紆余曲折を経て、現在も営業を続けている温泉となっています。

 あ、純粋な歴史で言えば、湊山温泉の近くにはかつて平清盛の別荘があったそうなので、平清盛ゆかりの温泉、と言われています。神戸と言えば、かつての福原。福原に遷都をして一瞬日本の首都だった神戸、その昔、日本の歴史で習ったのを思い出しました。

湊山温泉へのアクセス

 管理人は湊山温泉へはバスで行ってきました。湊山温泉へは、JR神戸駅前のバスターミナルからバスでGo!バスは6系統もしくは7系統に乗って、「平野」で降ります。

 神戸は実はバスの街で、バス路線が非常に充実しています。広島もそうですが、山を切り開いて住宅街を作った神戸、その切り開いた住宅街へのアクセスはバスが担っています。よって大阪や東京、そして名古屋の観点からすると、神戸のバス路線の充実度(街の規模に対してですが)、若干驚きます。けど多くの神戸市民にとって、バスは日常生活に必要不可欠な存在。大阪や東京は地下鉄で移動できる、というのとは環境が違います。

 そしてそのバスに揺られながら「平野」を目指します。温泉、というと鄙びたイメージがありますし、有馬温泉も神戸市(北区)なので、えらい田舎に行くんだろうなぁ、と思いましたが、進んでいくのは幹線道路。商店街があったり等、温泉に向かっている、という感じは全くしません。考えてみれば当たり前なんですけどね、湊山温泉は神戸市でも都会に当たる兵庫区にあるので。。。

平野バス停から湊山温泉まで徒歩10分

 バスで15分くらい揺られて「平野」でバスを降ります。平野のバス停のあたりはチョットした昭和の商店街。その昔は流行っていたんだろうなぁ、と思わせる雰囲気がアチラコチラに残っていますが、今はシャッターが多い状態。けどバスでしか行けない場所に、それなりの規模の商店街が今も健在というのは、神戸ならではです。大阪や東京だと、基本的に商店街は電車の駅前、というのが相場なので。

 尚、平野は平清盛の別荘があったという、由緒正しき土地です。そして平野の別荘で平清盛も湊山温泉に入った、と言われているそうです。平野商店街には、平清盛の銅像が交差点に御鎮座なさっています。

 平野のバス停から、目的地の湊山温泉までは商店街をバスと逆方向に戻り約10分歩くと到着。最初にバスで来た道を少し戻るのをお忘れなく。少し戻ると、右に曲がると「湊山温泉」という看板が見えてくるので、そこを右折して住宅街に入っていきます。

16.9.5湊山温泉-案内図-min
この看板が見つかればマズ迷いません

 そして道沿いに5分くらい歩いて、突き当りか?、と思える先に右折路が見えて、そこを右折すると「湊山温泉」に到着。

16.9.5湊山温泉-正面-min
遂に湊山温泉に到着!

湊山温泉の駐車場や約20台駐車可能

 管理人は歩いて行きましたが、湊山温泉は駐車場もあります。約20台の駐車場が温泉の前の土地に広がっています。
 山のふもとに温泉があって、その目の前に駐車場がある感じ。と、字で書くとどこの温泉地だ?、となりますが、神戸市兵庫区の住宅街の少し入った所です。

 バス+歩き、と、車、を考えれば確かに車の方が行きやすいですね。ただし車で行くと、風呂上がりのビール飲めないんだよなぁ、ということで、管理人は基本的に温泉+ビールなので、車で温泉には行きませんが・・・。

Sponsored Link

湊山温泉の中の様子

 湊山温泉は水曜休みで5時から22時30分までの営業。管理人が到着したのは夕方頃。ではいざ、参りましょー。

 建物に入ると、最初に券売機でチケットを買います。大人680円也。シャンプーと石鹸は備え付けのがあるそうなので、タオルだけ持っていけば入浴可能です。番台でチケットを渡すと、脱衣所に。建物自体は、昭和の銭湯をきれいにした感じです。そしていざ浴室に。

 浴室は下記の図のように5つの風呂から構成されています。全て源泉かけ流し。
 
16.9.5湊山温泉の内部-min

 手前が源泉そのままの温泉、ただし元々28度の水のままなので、冷たいです。そして真ん中の泡風呂、電気風呂、普通の風呂、一番奥の真ん中の風呂があったかい温泉。

 管理人は普通の風呂(温泉)でノンビリつかってました(一番ピッタリの湯加減でした)。いい湯ですなぁ、と有馬温泉っぽい硫黄のにおいを感じつつ、有馬温泉に湯質が似てるねー、と思いノンビリ風呂に浸かっていました。そしてフト周りを見回してみると、常連さんとおぼしき方が、皆入口すぐの水風呂とも言うべき源泉の
まんまの風呂に浸かってます。

 寒くないのか・・・???、とそこで思い当りました。あーアレ水風呂だ。サウナの要領ね、なるほどー。

 当サイトでも以前、サウナの入り方と効用について記事を書いていますが、サウナはサウナと水風呂のミックスが肝です。湊山温泉のシチュエーションを考えるに、熱い温泉に入って、その後で冷たい(といっても28度)の温泉につかれば、サウナと似たような効果が得られるのか???

 そんな訳でサウナもボチボチ好きな管理人、サウナっぽく温かい温泉と冷たい温泉、交互に浸かってみました。ちょうど浴槽の壁側に椅子が何脚かおいてあるので、冷たい温泉の後は5分休憩、という、まんまサウナの入り方です。見てると、常連さんも交互+休んで入ってました。

 いやこれが気持ちいいのなんのって、サウナで言う”整う”という気持ち、完全ではないにせよ若干理解できたような。ちなみに冷たい温泉、サウナの水風呂より気持ちいいです。サウナの水風呂より長く入っていられますし、源泉!、という水質です。長く浸ると体によさそう、というのが分かる感じがしました。

 しかしこんな所でサウナの知識が役に立つとは、意外。まぁ実際、サウナと同じような効果があるかどうかは分かりませんが、温泉(しかも源泉かけ流し)!、と言うこともあり、サウナよりも癒されました、ホント。自分自身、やはり温泉好きだわ、というのを実感しました。

 ちなみに後日調べましたが、湊山温泉のように温かい風呂と冷たい風呂に交互に入るのは「温冷浴」という入浴方法でチャンと存在していました。効果はサウナとほぼ一緒。サウナと同じく、最後は冷泉で締めるのがポイントです。

 そして休んだり、源泉に浸かったり、風呂でノンビリしたりと、結局1時間以上風呂にいた管理人でした。いやはや極楽極楽。これはいいや、また暇を見つけて行かねば。なにせ、神戸駅からバスで15分+徒歩10分、時間距離的には全然遠くありません。

 有馬温泉のお湯程、ザ温泉!、という感じの湯ではありませんが、神戸の中心街から20~30分でこんな温泉が楽しめるのですから、もう十分です。これはまた行かねばなりますまい。

マッサージ機も基本的に無料で利用可能

 温泉の後はマッサージ・マッサージと、5台あるマッサージ機、どれにしようか迷っていると、一番奥の以外は無料ですよ、と温泉の方に声をかけられました。おおっ!、何と驚き。近くの銭湯でも、マッサージ機15分で200円なのに、湊川温泉は無料とは。一人15分で交代してくださいね、と張り紙が貼ってありますが、15分で1クールなので全然OK。

 マッサージ機5台は、それぞれ種類が違うようでしたが、手前のボチボチ新しいのをトライ。15分間、温泉でふやけた体を、更にマッサージしていただきました。これが無料とは・・・。

 ちなみに脱衣場に足裏マッサージ機もあって、こちらも無料で利用可能です。足裏マッサージも実は5分ほど先に試してました。イヤハヤほんと、温泉以外でも癒されました。ホント、定期的に行きたいくらい。また時間見つけて行こう、と本当に思ったのでした。

16.9.5湊山温泉-マッサージ機-min
殆どのマッサージ機が無料で利用可能

まとめ

 有馬温泉は過去何度も行っていますが、同じ神戸にあるとは言え、湊山温泉はザ温泉街という有馬温泉とは違い、住宅街の奥地にある温泉、という一風変わったロケーションにあります。ただし、その湯質や癒され感は、大満足すべきものでした。こんな温泉が、廃業寸前だったとは、モッタイナイ。定期的に行くのは難しいかもですが、また機会を見つけて行かねばなるまい、と強く思ったのでした。

 温泉と言えばビール、の管理人ですが、今回湊山温泉で生ビールサーバを横目でみつつ、ビールの欲求をグッとこらえて、湊山温泉を後にしています。それは何故か、新開地でビール+餃子が待っていたから。

 そして帰りのバスは神戸駅まで行かず、新開地で降りて餃子とビールを楽しみに行ったのでした。温泉で癒され、帰りに餃子にビール。嗚呼何という幸せ。これはもう、再び行かねばなりますまい。

 ともあれ冷たい温泉と熱い温泉、交互に入るとサウナと同じような気分になるのは、新しい発見でした。それも温泉でやると、効果抜群。次回いつ行けるか分かりませんが、湊山温泉、また行きたい温泉ですね。

 湊山温泉、ホント癒されました。神戸観光は、湊山温泉+αという観光プラン、日帰りなら十分”あり”です。特に温泉好きな方、お試しあれ。

湊山温泉の関連記事
サウナの効果、サウナ→水風呂→休憩それぞれに違う効果があった!

Sponsored Link