たけしの「家庭の医学」で、アロマは認知症予防に効果!、という内容の放送がされていました。鳥取大の医学部の先生の研究成果なので、本当に効果あり、なんでしょう。
 そしたら何と、たけし「家庭の医学」の影響で、店からアロマが消えていた!
 放送後、2週間たっても、まだお店に該当のアロマは姿を見せていないのでした。恐るべし、TVの力。

                          Sponsored Link

 2/25放送分のたけしの「家庭の医学」の内容は下記のサイトをまずはご覧ください。
http://asahi.co.jp/hospital/onair/140225.html)。
 鳥取大学の先生の検証結果から来ています。素直にスゴイ、と思いました。管理人、さすがにまだ認知症とは縁がなさそうですが、これって普通に使っても頭の回転が速くなったりするのでは?、と思ってしまいました。そしてその週の土曜に、街に出かけてアロマの店を巡ってきたのですが・・・、何と行った3店舗全ての店で、目的のアロマは売り切れ!ご丁寧に、次回の入荷は未定です、との張り紙まで張ってありました。また別の張り紙には、先日放送されたTV番組の影響により・・・、とあり、番組放送後即座にアロマを買われた方が相当数おられるようです。

アロマオイル

 番組放送後2週間がたって、さすがにそろそろ入荷しているのでは、と再度アロマの店にいったのですが・・・、未だに該当のアロマは売り切れ状態。結構、デカイ「無印良品」も見てきましたが、残念ながら結果は変わらず。

 最近モノ忘れが多いと思っているご老人、普通に使っても頭の回転がよくなるかも?と思った方、子供や孫からおじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼント等々、非常に広い層が買い求めているように感じられます。アロマって、何気に老若男女、対象層広いですから。電気式なら、危なくもないし。

 アロマは対象層が広いとはいえ、基本的には女性中心の地味な人気の世界で、なかなか脚光を浴びるのが少ない業界や製品。今回のように、健康番組で紹介されるとバカ売れ、というのは初めてのケース?実は業界にとっては、うれしい悲鳴、だったりして。今まで地味に活動していたのは何だったんだろう、と思っている方もおられるかもしれません。けど、今回の騒動で、これまでの地道な活動が実った形にはなっていますね。

 今回のアロマは、日中はローズマリー2、レモン1、夜中はラベンダー2、オレンジ1という配合割合で匂いを嗅ぐ、というものです。

 4種類とも、普通の状態であれば、いつでも+どこの店でも置いてある、何の変哲もないアロマなんですけどね。それが皆、完全に姿を消しているのだから驚き。番組放送2週間以上たっても、状態変わっていなんですから。。

 アロマは効果はあるからそこ、息長く続いている訳です(歴史を探ると、ローマ時代以前までさかのぼれるようで、相当長い歴史があります)。今回の騒動の渦中のアロマは、当面手に入らなそうですが、これを機会に他のアロマをまずは試してみるのは悪くないかもしれません。管理人、かつてタマにアロマをたいていましたが(実はお香も好きだったりしますが)、これを機会に久しぶりにアロマをたいてみました。種類は違えど、TVの影響ですね。リラックスはできますねー、さすが。
今回の「家庭の医学」、管理人としても、アロマを思い出す、ちょうど良い機会にはなりました。

 しかし、衰えたりとはいえ、恐るべしTVの影響力。「あるある大発見」の時も、世間への影響はスゴカッタですが、特に健康番組の世間への影響は、今もやはり、相当大きいものがありますね。ローズマリー、レモン、ラベンダー、オレンジの、4種類のアロマが店に並ぶのは、一体いつになるのでしょうか?目下、大増産中だとは思いますけど。

 TVの影響力の大きさと、アロマを思い出す、ちょうどよい機会にはなりました。今後も時間見つけて、該当のアロマ探してみようかと思います。

認知症予防の関連記事
http://okiraku-news.net/2014/03/11/kokonattuarutu/

Sponsored Link