いつもとは違う感覚の酔い方だ・・・。気持ち悪くはないものの違和感のある酔い方をしたのは、ストロングゼロを飲んだ後。

速く安く酔えるという点ではお墨付きのストロングゼロですが、普段飲む時は釣り扱い要注意のお酒ではないかと実感しました。

Sponsored Link

ストロング系飲料ってどうよ

缶酎ハイ好きですか?ビール党の管理人ですが、缶酎ハイも好き。キリンの氷結と本絞りをよく飲んでいます。他社のも飲みますが、基本はコノ2つですかね。氷結は2000年のデビューの頃から好きなので、結構年季入っています(デビューした頃のオレンジが一番ウマカッタです)。

そんな訳で缶酎ハイも多少は語れる管理人ですが、どうしても最近のストロング系飲料は好きになれません。缶酎ハイって、薄めのアルコールで若干甘いのがいいのに、アルコール濃くしたらおいしくない!、というのがそもそもの発端。

アルコール度数9%あるので、よく考えて飲まないと翌日に残る。ここが一番の問題と思っていました。ところが問題は別の所にあった、と気付く出来事があったのでご紹介。

久しぶりにストロングゼロを飲んでみたら急に酒がまわる

何だか久しく缶酎ハイを飲んでなかったので、これまた久しぶりに何気なくストロングゼロを購入。家で一人で飲んでいました。

すると・・・、普通のペースで飲んでるのに、酔いのまわるのが速い。なんだこの速さは・・・。一杯目からグラスに氷入れてストロングゼロのレモン飲んでいたのですが、それこそ学生の時に日本酒を一気した時のような酔いのまわり方。

ちなみに体調はごく普通です。つまみもピーナッツですが、つまんでました。

何て言うんでしょ、変な酔い方じゃないのでまだよいのですが、急速にアルコールが体をまわる感覚。悪くないのですが、缶酎ハイでこの酔い方はマズくないか?、そんな感じ。

その昔の沖縄ブームの時に、一人で泡盛(久米仙など)のロックよく飲んでましたが、泡盛よりもはるかに酒がまわる感じ。

確かに翌日残る酒だなー、という印象がストロングゼロにはあったんです。けどね、ここまで急に酒がまわるのは初体験。

と言って気持ち悪い訳ではないので、とりあえずは飲み干したら様子を見ることに・・・。しばらくよい気分ではありますが、なんだか無理によい気分にさせられた感じの酔い方。なんかいつもと違うな・・・。その後は水を飲みながらテレビを見てやり過ごしました。

すると30分くらいして、ようやく違和感のある酔いが覚めてきました。ストロングゼロはあまりいい酔い方をしない、という話題は知っていました。けど、確かに翌日に残るけど酔い方はそんなに変じゃない、というのがこれまでの管理人の考え方。しかし今回の一件で考えを変えるに至りました。ストロングゼロは変な酔い方する、ということを身をもって知りました。

ビールがぶ飲みでも、日本酒一気でも、蒸留酒がぶ飲みでもない酔い方。焼酎は実は苦手なんですが、焼酎系の酔い方でもない。学生時代、ジンやウォッカ、ラムも随分飲みましたが、そんな感じでもない・・・。なんなんだろう、この酔い方は・・・。

と、酒飲みながら珍しく酔い方の哲学してしまいました。良くも悪くもお酒の経験は豊富ですが、初に近い酔い方の体験。この酔い方いいわぁ、という訳では当然なく、とは言え気持ち悪いでもない。ただし何だか違和感のある酔い方・・・、うーむ。

過去の酒の経験を色々照らし合わせながら考えていたのですが、結局答えは出ず。そしてある程度落ち着いたので、一緒に買っておいた氷結グレープフルーツを第二弾で開けることに。

Sponsored Link

同じ缶酎ハイでも何が違う?安心できる氷結

変な感じになったなら1本でやめなされ・・・、という声も聞こえてきそうですが、せっかく飲むために買ったんだからモッタイナイ。

ストロングゼロの違和感がほぼなくなった後で、氷結を開けて再びグラスに氷を入れて飲み始めました。

いつも通りの氷結グレープフルーツの味は安心できます。そして何度か飲んでよい気分に・・・。氷結の良い方はいつもと一緒なんですよ、さっきのストロングゼロの感覚とは全く違います。コレがいつもの酔い方だよね・・・、ではさっきのストロングゼロの酔い方は何だったんだろう・・・。

氷結の心地よい酔い方の中、どうしてもさっきのストロングゼロの酔い方の違和感は抜けず。ストロングゼロの危険性は少なくともウソではない、と認識するに至りました。

今回特別疲れていた訳ではありませんが、コレ疲れていた時だと部屋で倒れて寝てしまうパターンです。別にそれなりにアルコールが入っていればいいのですが、ストロングゼロとは言え缶酎ハイ1本で突っ伏して寝てしまうって相当なことですので。

お酒を人並みにたしなむ管理人がこんな感じなので、弱い人だとストロングゼロで、ホント飛んでしまいかねないのでは?ストロングゼロを買う時はその危険性を充分に認識すべきかと。また美味しくてアルコール臭しないので、余計に危険なお酒です、ホント。

ま、安く早く酔いたいのなら止めませんが、それでも若干違和感のある酔い方だったので、積極的には個人的にはあまりオススメできません・・・。

モノには適正価格があるということかと

ストロングゼロは安く酔う、という観点では抜群に効率の良いお酒ではないでしょうか。ただし普通のモードでストロングゼロを飲むと、変に酔いがまわったのは副作用というか、どこかに無理が生じているとしか思えません。

管理人の場合、普通に氷結でよい気分になれればいいので、ストロングゼロはオーバースペックです。そしてストロングゼロ的な酔い方は求めていません・・・。

そんな訳で、ストロングゼロの危険性を充分認識することができました。その点、キリンの氷結は20年近い歴史があるので安心して飲める缶酎ハイです。

確かにコンビニ行くと、氷結は高い・・・、と思ってしまう事が最近度々あります。しかし慣れ親しんだ味で、慣れた感じの酔い方であり、今後は素直に氷結を飲もうと思ったのでした。

ストロングゼロを始め安くてアルコール度数高めの缶酎ハイ等が各メーカーから出ていますが、取り扱い注意です。

お酒を飲む時は楽しんで飲みましょー。皆さまお気を付けください。

・それでもストロングゼロを飲んでしまって、翌日二日酔いの心配がある時は味の素の「ノ・ミカタ」がオススメ。スモモの味のする粉を飲んだ後に飲めば、翌日の朝随分楽になります。管理人は常備しています。ま、頼らないのが一番ですが。二日酔い対策お探しの方、一度お試しあれ、色々やってみて管理人は「ノ・ミカタ」に落ち着きました。スティックタイプで持ち歩き可能なのがよいです。

関連記事:二日酔いの防止方法、ドリンクの”ノ・ミカタ”が想像以上に効いた件

Sponsored Link