ふるさと納税、2015年にもらえる”水”でお得さのランキングを作ってみました。ふるさと納税を機会に、全国の名水を試してみるのもなかなかよさそうです。そしてランキングは、思いがけない結果となりました。

 ふるさと納税のランキングシリーズ、これまでいくつか作ってきましたが、案外好評をいただいているようです。管理人としては、絶対肉が人気ナンバーワンだろう、と思っていましたが、お米のランキングが思いのほか人気の記事になっており、やはり日本人にお米は欠かせないのか、と再認識しています。

肉の関連記事:ふるさと納税2015、お得な肉のランキングはこれだ!
http://okiraku-news.net/2015/01/15/furusato2015-niku/

米の関連記事:ふるさと納税2015、お得な”米”ランキングはこれだ!
http://okiraku-news.net/2015/01/20/furusato2015-kome/

 そして今回新たに、”水”でランキングを作ってみました。ランキング、実は何かしら図る目安がないと作れないのですが、水はその点容量でカバーできます。名水なら、そんなに価格の差はないでしょうし。これがお酒となると、さすがに単純に容量で比較、というのは申し訳なくなってしまいます。魚介類だと、もう基準をどうしたらいいか、管理人はノーアイディアなんです。(市場価格と比べればいいんでしょうが、手間の問題が・・・)
 
 そして”水”ランキングを作って驚き。自治体ってうまーく横の連携取ってるのね、ということが分かる結果に。そんな、ふるさと納税2015、お得な”水”ランキングは下記となりました。(1万円の寄付を基準)

                          Sponsored Link

第1位-茨城県石岡市:名水筑波の恵み36L

 第1位はダントツで茨城県石岡市の名水筑波の恵み36L。正確には500ml×72本。石岡市は酒処でもある名水の地。ふるさと納税で、36lも名水をもらえば、非常用にもなりますし、日常の料理にも利用可能。何に利用するかは、もうアイディア次第です!

第2位グループ-岩手県岩泉町:龍泉洞の水24L

 実は”水”ランキング、第2位グループが7自治体もランキング。うまーく横の連携取ってるなぁ、と思いますが、同じ容量で選択肢が多いということは、悪い話ではありません。
 第2位グループ、トップバッターは岩手県岩泉町、龍泉洞の水24L。正確には2L×12本。龍泉洞の水は弱アルカリ性の軟水、料理に最適です。実は水以外にも、龍泉洞地サイダーという選択肢もあります。ただしサイダーにすると340ml×20本=6.8L。量は少なくなりますが、お子さんのいるご家庭にはサイダーも”あり”です。

第2位グループ-山形県飯豊町:天然湧水「秘境の湧水」24L

 第2位グループ2番目は、山形県飯豊町の天然湧水「秘境の湧水」24L、正確には2L×12本。飯豊山からの湧水は天然ミネラルが豊富で、別名「飲む野菜」とも地元では言われています。

第2位グループ-長野県:信州ふるさと便 安曇野天然水24L

 第2位グループ3番目は、長野県の信州ふるさと便安曇野天然水24L、正確には500ml×48本。北アルプスの麓でキレイな水で有名な安曇野。安曇野の天然軟水は、料理に最適です。

第2位グループ-鳥取県鳥取市:宝喜の水24L

 第2位グループ4番目は、鳥取県鳥取市の宝喜の水24L、正確には2L×12本。加熱殺菌せず、原水をくみ上げたナチュラルミネラルウォーター。ちなみに鳥取県は旧伯耆の国から構成。そんな訳で宝喜の水です。

Sponsored Link

第2位グループ-鳥取県米子市:米子市水道局よなごの水24L

 第2位グループ5番目は、鳥取県米子市の米子市水道局よなごの水24L、正確には500ml×48本。米子市は何と水道局の水を特典に。米子市の水道水は、厚生労働省も”うまい”と太鼓判を押している水。料理に使うもよし、水道水だから・・・、と言うことで非常用にするもよし。用途は色々です。

第2位グループ-鹿児島県垂水市:飲む温泉水24L

 第2位グループ最後の6番目は、鹿児島県垂水市の飲む温泉水24L。正確には2L×12本。実は垂水市の特典の”水”は「温泉水99」、「財宝温泉」はいずれも2L×12本。どちらも天然温泉水、お好みでどうぞ。

「温泉水99」

「財宝温泉」

天然水の商売は案外儲かります

 天然水の商売って、案外儲かります。水源見つけて設備投資をしたら、あとは原価殆どかかりませんから(パッケージ代くらい)。そりゃ売れないと意味ないですが、売れる先がある程度確保できれば、実は結構おいしい商売だったりするのが、水ビジネス。
 そう考えると、ふるさと納税の特典を”天然水”にするのって、商売的に見て結構合理的なような。地元の水で税金が確保できれば、何も言うことがなかったりして。2位グループが6自治体横並びなのは、お役所だよなぁ、と思わないでもないですが、1位の茨城県石岡市の36Lは非常に勇気ある行動ですね。

 水はタダ、という感覚が未だに残る日本人、果たしてふるさと納税の特典で水がどれくらい人気があるかは分かりませんが、お得度を調べるにはちょうどよい対象なので、ふるさと納税でもらえる”水”のお得ランキングを作ってみました。

15.3.3ミネラルウォーター
ふるさと納税で”水”というのも、案外オツなものかもしれません

 ふるさと納税、なかなか行くことのできない地域の水を、特典でもらってみてはいかがでしょ。水を飲むたびに、旅行気分を味わえるかもしれませんよ。そして、ふるさと納税で水かぁ、と思う方、まずは楽天で一度試して見てはいかがでしょ?ふるさと納税、一度特典を試してから、実際に寄付するのも”あり”だと思います。

Sponsored Link