人形町界隈で、いつも昼に行列ができている親子丼屋、と言えばご存知の方も多いのでは?その名は「玉ひで」。親子丼屋ではなく、実は軍鶏鍋屋(軍鶏のすき焼き)、ということをご存知の方は、案外少なかった入りします。
 そんな「玉ひで」に親子丼を食べに行ってきました!さすがの味、十数年来の夢が叶って、大満足でありました。その感想をご覧あれ。

                          Sponsored Link

「玉ひで」とは

 人形町界隈で、お昼にいつも行列のできている親子丼屋「玉ひで」。一番最初にその店を知ったのは、もう十数年も前のこと。
 鳥好きの管理人、いつか行きたいな・・・、と思いつつも、タマに近くを通れば、お決まりの行列。こりゃ無理だ・・・、と行く機会なく月日は過ぎてしまいました。

 しかしながら、先日遂にお昼の「玉ひで」で、親子丼を食す機会を得ました。いやもう、味もそうですが、念願叶って大満足。そんな「玉ひで」の訪問記録をご覧あれ。

11時25分に到着

 そうだ「玉ひで」に行ってみよう、と思ったのは、日本橋で用事を済ませた11時過ぎ。次の予定は夕方まで無し。「玉ひで」まで歩いて10分程度、もうこれは行くしかないでしょー。そんな訳で「玉ひで」に向け、三越付近から歩いて向かいました。

 「玉ひで」の付近は、以前友人が住んでいたし、半分行きつけになった焼き鳥屋があったから、地図を見ずとも歩いて行けます。そして間もなく「玉ひで」到着。到着時刻は11時25分。

 並ぶだろうなぁ、と予想はしていましたが、さすがもう行列ができています。ただし行列は、それ程ではありません。店のオープンは11時30分のようなので、これはヒョットすると直ぐ入れるかも???

 けど並んでいる人の話を小耳にはさんだところ、既に第一陣は入店している様子。やっぱり「玉ひで」は甘くない。ま、時間あるし、ノンビリ並んで待ちますか。スマホ見たり、景色見たりして並んでいる時間を楽しむことにしました。

16.6.22玉ひで-行列-min
11時25分で既に行列が

玄関先の中廊下に番台が

 外の行列に並ぶこと約30分。やはり30分かかるかぁ。けど無事に、お次の方どうぞー、と玄関の中に入れていただきます。

 で、驚いたのは玄関で靴を脱いだ先の中廊下にまた行列が・・・。やるな「玉ひで」、ここにもう一つ行列があるとは。
 そして行列の途中に番台があって、そこで先にお会計を済ますシステム。管理人は、これぞ「玉ひで」の親子丼、というノーマルな親子丼を注文しました。

 訪問当日、結構暑い日でしたが、中廊下はクーラーが効いていて快適。お香の匂いもして、時代劇に出てきそうなお店の佇まいも含め、風流を感じます。

 そして中廊下で待つこと約15分。遂に「玉ひで」の座敷に通されたのであります。ここに至るまで約45分。これは昼過ぎに仕事あったらアウトですな、笑。

「玉ひで」のランチメニューと料金、コースもあり

 ちなみに「玉ひで」のランチメニューは下記のようになっています。(価格はいずれも税込み、2016年6月時点)

・親子丼1,500円
・”三昧(ざんまい)”親子丼1,900円
 →手羽・もも・むね肉入り
・上レバ親子丼2,000円
 →上レバ入り
・”極(きわみ)”親子丼2,200円
 →炙り熟成ささみ入り

 あとランチのコースもあります。コースであれば、店の行列に並ばずともそのまま店に通してもらえます。だから観光で東京行って、「玉ひで」が目的の1つで+投資できるなら、ランチのコースもあり。

・元祖親子昼全3,300円
 →軍鶏時雨煮、コラーゲンスープ、元祖親子丼、香の物、水菓子

 尚、クレジットカードはコースの時のみ利用可能です。

16.6.22玉ひで-メニュー-min

Sponsored Link

念願の玉ひでの親子丼を遂に食すの巻

 座敷に通されてから、約10分。冷たい麦茶をすすっていると、最初に出てきたのが、軍鶏のコラーゲンスープ。焼き鳥屋でもタマに出てくる店がありますが(軍鶏ではなくて、普通の鳥ですが)、うまいんだな。どれどれ・・・、と思い口をつけると、うめーやコレは。

 実は管理人は軍鶏は食べたことありません、だから軍鶏の味は分かりません。けど軍鶏のコラーゲンスープ、鳥のコクがありつつ、サッパリしていて、激ウマ。あー、おかわりしたい、本当そう思いました。

 そして、軍鶏のコラーゲンスープをウマイウマイとすすっていると、遂にやって来ました親子丼。今回待ったのは約1時間、けど15年以上待ち焦がれた親子丼が目の前に登場。

16.6.22玉ひで-親子丼-min
十数年来、待ち焦がれた「玉ひで」の親子丼

 早速いただきます。もう味は言うまでもなくウマイ!卵と鶏肉とダシのバランスが最高。あと、卵のとろけ具合が絶妙です、親子丼で卵のとろけ具合に感心したの、生まれて初めて。泡立った卵の乗った親子丼、うますぎです。

 ひたすら美味い美味いと食べます。一人で行ったので、話す相手もいませんが、一人で黙々と親子丼を食す管理人。ウマイ、ウマイ。。。

 もう少し量が欲しいなぁ、と若干大食いの管理人は思ってしまいましたが、もう味は大満足。約1時間待ちましたが、待った甲斐があった、と本当に思いました。( 基本的に並ぶの嫌いなので)

 あー、満足満足。十数年来の念願が叶い、尚且つうまい親子丼を食べ大満足で、「玉ひで」を後にしたのでした。店を出るとき、行列は最初より長くなっていて、やはり早めに行って正解だった、と思ったのでした。

 「玉ひで」の親子丼を食して大満足でありました。次回は「玉ひで」の本メニューの軍鶏のすき焼き食べたいもんですね。値段が相当するので、軍鶏すき焼きは本当に、夢のまた夢のような気もしますが。

 ともあれ十数年来の念願、「玉ひで」の親子丼を食することができ、大満足。また機会があれば行きたいものです。

Sponsored Link