大阪の恵美須町にある蕎麦店「総本家 更科」に15年ぶりに訪問。変わらぬ蕎麦の旨さに加え、だし巻きも堪能。香ばしい味のするだし巻きも絶品でした。

ビールをだし巻きで楽しみつつ、締めはざる蕎麦という、至福の昼食を味わうことが出来ました。

Sponsored Link

15年ぶりに「総本家 更科」を訪問

15年前に入っている恵比寿町の蕎麦屋「総本家 更科」。土地が豊かな大阪は、蕎麦の店が非常に少なく、「総本家 更科」は大阪では珍しい蕎麦専門店。またその古い店構えは、一度見れば入りたくなってしまう、と言うものです。

恵比寿町はその後何度か訪問してますが、「総本家 更科」に行くことは無く時は経過。そんな中、ガイドブックを見ると「総本家 更科」は蕎麦もうまいがだし巻きもうまい、との記事が。以前から、もう1回行きたいなー、と思っていたので、これ幸いと再訪問を決意。休みの昼間に行ってきました「総本家 更科」。


インパクトのある「総本家 更科」の入口

確かにだし巻きも旨かった!

15年ぶりの訪問となった「総本家 更科」でしたが、店の中の雰囲気も昔のまま。広い店内に、長い机がいくつかあって・・・、と昭和のドラマに出てくるような店の中。

以前は蕎麦だけ食べて帰りましたが、今回はだし巻きも目的。だし巻きだけ食べるのももったいないので、ビールも一緒に注文。ビールをチビチビあおりながら、だし巻きの完成を待ちます。嗚呼昼からビールの飲める幸せさよ。ま、土地柄昼からビール飲んでるお客さん多かったのですが。。。

そしてやってきました、だし巻きが。早速いただきまーす。


コノだし巻きが旨い!

うーん、確かにうまい。だしが聞いているのは、大阪のだし巻きとしては当然として、香ばしい味が絶妙にだしと黄身にマッチしています。こんなだし巻き初めてだ・・・。コレはうまいよ、二人前でもいけます。さすがに次に蕎麦を予定しているので、お代わりはやめましたが。

けどホント2人前食べたいと思ったくらいうまかった。そして香ばしい感じのだし巻き、ビールに合うんですコレが。思わず2本目(中瓶)をお変わりしてしまった。ま、タマにはヨシとしましょ。

そして十分にだし巻きを堪能の後、15年ぶりの蕎麦を注文。

Sponsored Link

大阪では珍しい東京風の蕎麦

大阪は蕎麦というよりうどんの街なので、あまり街中に蕎麦屋がありません。だからそもそも「総本家 更科」自体、大阪では珍しい存在。

そして「総本家 更科」の蕎麦は東京風の蕎麦。白く細い蕎麦に、濃い味の汁。東京住んでいた時に、毎週のように行っていた蕎麦屋がありましたが、汁の味、その東京の蕎麦屋にソックリ。懐かしい東京の蕎麦屋を思い出しつつ、いただきました。

15年前も濃い汁の味が印象的でしたが、今回も同様。前回はビール飲みませんでしたが、今回はビール付き。昼のビール万歳!通は蕎麦には日本酒かもしれませんが、さすがに日本酒は控えました。。。

考えて見れば蕎麦自体食べるの久しぶりで、非常に美味しく蕎麦も食べることができました。だし巻きに蕎麦と、異色の組み合わせと言えますが、ビール飲みながら大満足の休みの昼食となりました。

お店自体、つまみ系のメニューは少ないので、サクッと言ってサクッと飲んで食べて帰る、江戸っ子スタイルが合っている店かもしれません。飲みたい時は、先にあるジャンジャン横丁まで入って、どうぞお好きな店にお入りください。昼夜問わず、美味しいつまみとお酒が待ってますので。


15年ぶりのざる蕎麦も旨かった!

まとめ

15年ぶりの訪問となった「総本家 更科」、今回はだし巻きも食べましたが、ホントうまかったです。蕎麦も当然のように旨く、昼間っからビールも飲んで最高のひと時を過ごすことができました。

そんな訳で「総本家 更科」蕎麦屋ですが、だし巻きもホントオススメです。昼にはだし巻き定食もあるので、そちらで蕎麦とセットで楽しむこともできます。

またノンビリ昼食食べる時間がある時に恵比寿町まで足を伸ばして「総本家 更科」行ってみよう。次の訪問は恐らく15年後にはならないと思います。

大阪の食べ歩き記事
大阪梅田「ミッテラン2世」のハッピーアワーはワインが半額!オマールエビも絶品

鶴橋の串焼肉「大門」に行ってきました

Sponsored Link