神戸の貝の名店「大谷貝つぼ焼」に行ってきました。じわーと貝の旨味を感じ、うまかったです。ちょっと場所がネックではありますが。

 神戸は山口県とともに瀬戸内海と日本海の2つの海に面している、実は海の県だったりします。日本海のカニと、明石のタコが代表例でしょうか。
 そんな神戸に貝の名店「大谷貝つぼ焼」という店があります。神戸に夕方行く予定があった管理人、ちょっと足を伸ばして「大谷貝つぼ焼」に久しぶりに行ってきました。

 やはりうまかったです!

                          Sponsored Link

貝の旨味が存分に味わえます

 「大谷貝つぼ焼」、約1年ぶりの訪問となります。18時過ぎ頃に店に入りましたが、既に2組ほどのお客さんが。注文は当然、つぼ焼き!今回初めて料理している所見ましたが、貝をそのまま火にかけてました。なんだか漁港の街(伊勢志摩とか)で、貝注文したみたいだなぁ、とビールを飲みつつ思ってました。
 そして出てきたのが、お久しぶりのつぼ焼き。

大谷貝つぼ焼

 では、いただきまーす。ハイ、やはりこれはうまいなぁ。貝のエキスがよーく出ていて、旨味がひじょうにウマイという感じ。え?なんだかよく分からない?そーですね、貝の旨味をじわーっと味わえます。これはお疲れの肝臓によさそうだよなぁ(勝手な推測、悪しからず)、という味です。つぼ焼き1つで、ビールが結構飲めますが、ちょっと寂しい方は漬物を一緒に頼むのがオススメです。
 
 実は、「大谷貝つぼ焼き」、貝も有名ですが、おにぎりも有名です。実は前回おにぎりを食べ損ねたため、そのリベンジも兼ねておにぎりも貝食べ終わった後に注文。
 
大谷-おにぎり

 おにぎりは、全くもってプレーンのおにぎり。変に味のついていない分、米の旨味が味わえます。管理人、結構白おにぎり好きなので気に入りました。これは飲んだ後にちょうどよいですね。有名になる訳です。

 と言う感じで、「大谷貝つぼ焼き」存分に楽しんでまいりました。いやー、非常にうまい。どうして神戸は、こんなに飲み屋でうまい店が多いのだろうか。なかなか貝を単体をメインで出す店はありませんが、「大谷貝つぼ焼き」さすが名店です。またいずれ行こうと思い店を後にしました。

Sponsored Link

「大谷貝つぼ焼き」の問題はロケーションだよなぁ

 貝の名店「大谷貝つぼ焼き」、2回行って2回ともウマイ!、と納得したので、ウマイのは間違いないと思われます。ただし問題が・・・、そのロケーションです。神戸の新開地駅から徒歩5分程の場所にありますが・・・、新開地と言えば、知る人ぞ知る大人の街です。その大人の街に、ちょっと入った所に「大谷貝つぼ焼き」はあります。大人の街のど真ん中、に位置していないのはせめてもの救い(?)ですが、正直なかなか行き難い場所です。
 お店のある筋の真ん中位にあるので、その筋を北or南に向かえば店にはつきますが、歩くのがなかなか恥ずかしいような・・・。だから行く場合は、新開地の商店街を少し北に歩いて、そこから東に曲がって行くのがよいと思われます。事前の準備が必要ではありますが。
 まぁ、こーいう場所にあるのが、店の一つの特徴かもしれませんが、特に夕方行くとなかなか・・・。

 場所はまぁそれも特徴として、行き方を工夫するとして、うまい貝を食べるなら、事前調査のひと手間は簡単なもんです。また神戸で時間ある時に寄りたい店ですね。ただ場所柄、一杯飲んで早めに切り上げるのがよさそうです。パット行って、貝でお酒をのんで、サクッとおにぎりでしめて帰る、こんな感じで行くのがよさげ。
 ご興味ある方、一度行ってみてはいかがでしょ。行く場合は、行き方の事前準備するのをお勧めします。
 

Sponsored Link