串揚げの街・大阪新世界、そのジャンジャン横丁と言われる一角にホルモン焼きの店「ホルモン道場」が存在。ソース風味の味付けのホルモン焼きに、最初は戸惑うかもしれません。

しかしながらその戸惑いの先には、ソース風味のホルモンにはまっている自分に気づかされるかも。

気が付けば通っている新世界ジャンジャン横丁の「ホルモン道場」、その魅力をご紹介。

Sponsored Link

以前と比べると観光地化が進む新世界ジャンジャン横丁周辺

その昔、20年位前の大阪で新世界そしてジャンジャン横丁と言うと、こわーいイメージがあってそれでも美味しい串揚げ屋が何店かある、という不思議な街でした。

何店かで串揚げ食べましたが、確かに美味しい店は多いものの、なんじゃこの下町感は?、というのが正直な感想。

とは言いながら、スマートボールの店があって、ジャンジャン横丁に行くと大体スマートボールで遊んでましたが。

そんな新世界ジャンジャン横丁ですが、外国人観光客の増加著しい大阪ではジャンジャン横丁も観光地化。久しぶりに訪れたジャンジャン横丁は、見事に観光地化してました。ジャンジャン横丁にあった飲み屋も何店かなくなってましたし、通天閣方面に歩くと自撮り棒を持った外国人観光客多数。心斎橋商店街の外国人観光客の多さも驚きましたが、ジャンジャン横丁も変わったなー、と思いました。

大阪出身の人間に言わせれば、管理人が最初にジャンジャン横丁に行った約20年前でも、ジャンジャン横丁の周辺は観光地化している、と言ってましたが、今の姿はもう観光地化というより観光地ですね。。。

ジャンジャン横丁と言えば串揚げなのですが、ホルモンを出す店が商店街にあります。それが「ホルモン道場」、もう名前そのままの店です。

ホルモン道場の場所

ホルモン道場の場所は、新世界のジャンジャン横丁に行ったらスグわかります。商店街を通天閣方面から入り南に歩くと、スグ左手に見せは存在。

ちゃんと看板も出てます。ガラス戸から店の様子も分かり、入りやすい店です。ガラス戸は右からでも左からでも店に入ることができます。トイレに行くかもしれないなら、左側から入るのがオススメです。

「ホルモン道場」のソース味ベースのホルモンがうまい!

ホルモン焼きと言うと、焼き肉のような醤油ベースの味を想像しますが、「ホルモン道場」のホルモン焼きはソースベースの味付け。

一番最初に食べた時、予想外のソースの味に、なんじゃこの味、と一瞬思い違和感を感じたのが正直な所。ただし、「ホルモン道場」の味の面白いのは二度目以降だったりします。

実は初回訪問より二度目以降の訪問の方がうまく感じます。どういうことかと言えば、舌がソース味のホルモン、と言うことを覚えているので、味にとまどうことがありません。そしてソースベースのホルモン焼きを純粋に楽しむことができます。


まず最初に注文したいモリ合セ

管理人、ソースベースのホルモン焼きを、「ホルモン道場」以外で食べたことがないのですが、初回訪問以降ハマッテしまいました。特に結構間があいて、2度目に訪問した時に、あーソース風味のこの味この味、という懐かしさとウマサにはまってしまいました。

観光地化しているジャンジャン横丁なので、商店街をもう少し南に下って萩ノ茶屋方面まで歩いていくと、もっと下町ホルモンの店はありそうですが今のところ管理人はそこまで探検はできていません。(その昔、飛田新地方面まで昼間に歩いたことはありますが)

「ホルモン道場」のソース風味のホルモン、串揚げやバカリのジャンジャン横丁界隈では異色の存在と言ってもよいのではないかと。

Sponsored Link

1皿550円から、カウンターでテレビを見ながらビールでつまむべし

「ホルモン道場」はカウンターのみの店です。コの字型のカウンターから奥のテレビを見るような形となります。

土日でも平日でもほぼ昼からビール飲みながら、ホルモンをつまんでいるお客さんバッカなのは以前からのジャンジャン横丁の退廃的な雰囲気を残していますが、それが「ホルモン道場」の楽しみとも言えます。

1皿550円からホルモンが用意されており、管理人はほぼ「盛り合わせ」とプラス一品。「アブラミ」か「マルチョウ」の時が多いです。ただ前回気付いたのですが、550円以上の注文頼んだことありません・・・。

注文すると店員さんが目の前の鉄板でホルモンを豪快に焼いてもらえます。ビールをチビチビやりながら、ホルモン焼くのを見ているだけでも充分楽しめます。年季の入った鉄板に「ホルモン道場」の歴史を感じます。

そしてしばらくすると熱々のホルモン焼きがご登場。ソースの風味が何とも言えずうまさを誘います。

実は皿をテッパンの上に置いているので、受け取る際に皿の下を持たないようにしましょ。店員さんからも言われますが。


アブラの旨さが堪能できるマルチョウ

副菜にモヤシが乗ってますが、モヤシもまた口直しにうまいんですよコレガ。

「ホルモン道場」は場所柄、昼間にビール飲みながらホルモンを頬張るという、退廃的な楽しみ方が一番よいかもしれません。実は夕方に一回行った以外は全て昼間に管理人は行ってます、ま昼間なら飲み過ぎないのでいいかもしれませんが。けどホント、なんで「ホルモン道場」は皆昼間からビールを飲んでいるのだろうか・・・、他人のこと言えませんが。

カウンター奥のテレビをダラダラみながら、ビールでホルモン焼きという、なんとも贅沢且つ堕落的な昼時を過ごすことができますよ。その後に仕事を控えていないようなら、一度お試しあれ。ま、昼から飲むのはどうかという方もおられるでしょうが、ソース風味のホルモンは試す価値は十分あります。


ホルモンは一皿550円から

いい気分でジャンジャン横丁から通天閣近辺の観光も面白い

管理人は「ホルモン道場」でいい気分になった後、スマートボールで遊ぶのが王道パターンですが、周辺をいい気分で散策するのもまた面白いですよ。

以前行ったときは、若干腹の容量を残して「総本家 更科」で蕎麦食べに行きました。

関連記事:大阪恵比寿町の蕎麦店「総本家 更科」、だし巻きもうまかった

脂っこい味のホルモンの後に、サッパリした蕎麦はなかなかうまかったです。ええ、昼間から「ホルモン道場」で飲んで、「総本家 更科」でも飲んだことは言うまでもありません・・・。さすがに一度しかやってませんが。

観光地化しつつあるジャンジャン横丁及び通天閣の新世界界隈ですが、「ホルモン道場」しかり「総本家 更科」しかり、昔ながらの店も健在。

串揚げを除くと肉の店があんまりないジャンジャン横丁ですが、「ホルモン道場」なら肉が食えます。ソース風味のホルモンに最初は戸惑うかもしれませんが、二度三度と行きたくなる味付けだったりします。

「ホルモン道場」軽く昼にビールでホルモンを食しつつ、至福の昼下がりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

新世界の関連記事
大阪恵比寿町の蕎麦店「総本家 更科」、だし巻きもうまかった

鶴橋の串焼肉「大門」に行ってきました

新世界のMEGAドン・キホーテに行った感想、西成らしさは健在

Sponsored Link