一人でもいいから焼き肉が食べたい!そんなときにオススメなのが大阪・十三にある「珍牛」です。

昭和ノスタルジーを感じる雰囲気の焼き肉店「珍牛」は、メニューに「お一人様セット」があり、何の気兼ねもなく一人焼肉を楽しむことができます。

コストパフォーマンスもよいため、存分に焼肉を味わえる「珍牛」、一人焼肉を思い立ったら足を運んではいかがでしょうか。

古くからある十三の焼き肉店「珍牛」

気が付けば十三のしょんべん横丁も焼き肉店が増えました。立ち焼き肉の店が多いのが十三の特徴です。そんな十三のしょんべん横丁に古くからある焼き肉店「珍牛」に久しぶりに行ってきました。


・約2年ぶりの訪問となった珍牛

一人焼肉の元祖

珍牛はしょんべん横丁の一番奥側にあります(正確には角の一つ前)。昭和ノスタルジーっぽい店構えで、ガラス越しに店の中をうかがうことができます。

珍牛は基本的にはカウンターのみ(1つだけテーブルがある)、よって団体お断りです。カウンターのコンロで焼き肉を焼く、昔ながらの焼き肉店となります。

そして珍牛は一人焼肉の元祖ともいうべきお店、何とメニューには「お一人様セット」が存在(1,700円)してます。「お一人様セット」を目的に、管理人は何度か珍牛に行ってます。そして今回も「お一人様セット」を注文。

「お一人様セット」は様々な部位の肉が入っており、自分のペースで様々な部位を楽しむことができます。一人焼肉って普通の店だと正直頼むのが面倒ですが、珍牛はデフォルトメニューで「お一人様セット」があるので、ホント注文が楽です。(注文が楽というのは、外食店で案外重要な要素です)

そして味はといえば、お一人様セット1,700円でその量と味は非常にコストパフォーマンスに優れています。一番最初に行った時、値段とボリューを見て、正直味は期待していなかったのですが、そのウマサは驚きました。まぁ肉なので上を見ればキリがありませんが、この値段でこの味は管理人としては驚きました。そして今回も味は変わらず、安心して一人焼肉を堪能しました。

実は個別の部位を別々に注文するとそれほど価格は安くなかったりもしますが、一人ならお一人様セットがイチオシです、ホント。


・どうしても食べたかったので今回は別途、ハラミを注文、うまかった!

Sponsored Link

一人率が高い珍牛

管理人は過去に何度か珍牛に行ってますが、一人焼肉率の非常に高いお店です。今回も管理人含め、3名が一人焼肉してました。まぁ十三という土地柄かさすがに女性の一人焼肉は見てませんが。

無性に焼き肉が食べたくなる時ってありませんか?一人で思いっきり焼き肉を食べたい時に珍牛は最適なお店です。一人で気兼ねなく一人焼肉できますし、コスパも抜群。

ちなみに今回初めて外国の方の姿がありました。大阪の市内は外国人旅行客で平日も賑わってますが、十三の狭い焼き肉屋で外国人観光客の姿を見るとは、時代は変わったなー、と思いました。


・メニューにはデフォルトで「お一人様セット」が存在

まとめ

十三のしょんべん横丁の飲食店は結構入れ替わりがあります。そんな中で珍牛は昔ながらのたたずまいで今も変わらず存在しています。

大人数の訪問はオススメできませんが(1人もしくは2人がベスト)、一人でうまい焼き肉を気兼ねなく存分に楽しみたいなら珍牛はオススメです。ノンビリとビールを飲みながら好きなペースで食べる焼き肉も、ナカナカいいもんですよ。

焼き肉の関連記事
鶴橋の串焼肉「大門」に行ってきました

新世界ジャンジャン横丁「ホルモン道場」でソース味の下町ホルモンを堪能

Sponsored Link